陶芸家・北川智浩氏

陶芸家・北川智浩氏 白磁

(写真出展:北川智浩氏

江別市野幌若葉町の工房併設ギャラリー「あゆ藤」を拠点に、全国で陶芸家としてご活躍中の北川智浩さんは、道東で生まれ育ったというご経歴もあるのでしょうか、オホーツクの風や水面、雪を感じさせる淡いブルーの艶やかな肌が印象的な「白磁」を中心に陶器を制作されています。

陶芸家・北川智浩氏 白磁

(写真出展:北川智浩氏

陶芸家・北川智浩氏 白磁

(写真出展:北川智浩氏

陶芸家・北川智浩氏 白磁

(写真出展:北川智浩氏

伝統工芸新作展、日本伝統工芸展、現在茶陶展等々数々の展覧会で入選し、ご自身の個展も各地で開催されています。

涼やかな青白磁とは対照的に暖かみのある桃色で癒やしてくれる「桃白磁」も、人気を博しています。

陶芸家・北川智浩氏 白磁

(写真出展:北川智浩氏

陶芸家・北川智浩氏 白磁

(写真出展:北川智浩氏

陶芸家・北川智浩氏 白磁

(写真出展:北川智浩氏

2017年10月に札幌東急百貨店で開催された『北川智浩 作陶展』には、第1回日本陶磁協会「現代陶芸 奨励賞 北海道展」で奨励賞を受賞された「白磁水氷文鉢」も登場し、多くの来場者を魅了していました。

▼札幌東急百貨店 作陶展の様子
陶芸家・北川智浩氏 白磁

陶芸家・北川智浩氏 白磁

陶芸家・北川智浩氏 白磁

陶芸家・北川智浩氏 白磁

陶芸家・北川智浩氏 白磁

陶芸家・北川智浩氏 白磁

北海道は陶芸の歴史が浅くそのイメージも薄いですが、作品に「北海道らしさ」が宿る北川さんの器は、北海道が世界に誇れる逸品です。

【北川智浩氏ご陶歴】
1967年
北海道帯広市に生まれ、道東各地で過ごす

1991年
同志社大学法学部法律学科卒業

1995年
神奈川県横浜市、野中春利の門に入り志野、青白磁技法を学ぶ その間、故野中春甫に教えを受ける

2000年
個展 青花堂ギャラリー(東京都大田区)

2002年
北海道江別市東野幌本町にて築窯、独立

2004年
伝統工芸新作展 入選(以後12回)

2005年
現在地に工房と窯を移築 工房併設ギャラリー「あゆ藤」開設
個展 工芸いま(06~08まで毎年、以後14年まで各年開催)(東京都中央区銀座)

2008年
日本伝統工芸展入選(以後3回)

2011年
企画展 「北川智浩展~白磁大鉢と水氷文様~」セラミックアートセンター(江別市)

2013年
第6回 現代茶陶展入選(以後2回)

2014年
第20回 美濃陶芸庄六賞茶盌展入選(以後1回)
伊丹国際クラフト展入選
個展 札幌三越(16年)

2016年
個展 東武池袋
第1回日本陶磁協会「現代陶芸奨励賞 北海道展」奨励賞受賞

2017年
個展 ギャラリーおかりや(東京都中央区銀座)
個展 札幌東急百貨店

(公社)日本工芸会 正会員
(公社)日本工芸会 東日本支部 北海道研究会 幹事

工房名称 あゆ藤
所在地 北海道江別市野幌若葉町7-39
公式ブログ http://ayufuji2005.blog.fc2.com/