パワハラ・セクハラ防止対策(研修・相談窓口・就業規則等)

ハラスメント倒産を防ぐ

パワハラやセクハラに関する報道が連日社会を賑わせています。
ハラスメントは、被害者のみならず、他の社員にも甚大な悪影響を与え、職場全体の士気低下、企業全体の業績悪化をももたらしかねません。
企業の信用失墜や損害賠償による“ハラスメント倒産”も、他社事ではありません。
「うちは大丈夫」と気を緩めず、「明日は我が身」と危機感を持ち、企業の存続と発展を直接左右する重大案件として、喫緊に対策を講じることが求められます。

パワハラ・セクハラ防止研修

ハラスメントは、人それぞれで認識にギャップがあるために起きてしまうものです。
Aさんにとってはセクハラでも、Bさんにとってはコミュニケーションだったり、Cさんにとっては必要な指導でも、Dさんにとってはパワハラと感じられたり・・・
こうしたズレを少しでも埋めるには、パワハラとは?セクハラとは?加害行為をしたらどんな罰を受けるの?被害を受けたらどうすればいい?など、ハラスメントに対する認識を社内で共有しておくことが非常に重要で有効です。

パワハラ研修プログラム(例)

  • パワハラとは
  • パワハラによる影響(被害者・加害者・会社)
  • パワハラの加害者にならないために
  • パワハラと教育的指導の境界線
  • 若手社員の育成方法
  • パワハラの被害を受けたら
  • 職場でパワハラ問題が生じたら
  • パワハラの相談を受けたら

セクハラ研修プログラム(例)

  • セクハラとは
  • マタハラとは
  • セクハラによる影響(被害者・加害者・会社)
  • セクハラの加害者にならないために
  • セクハラの被害を受けたら
  • 職場でセクハラ問題が生じたら
  • セクハラの相談を受けたら

企業・職場で講ずるべき対策

全て弊社にてサポートいたします。
貴社の実情・ご要望に合わせてメニューを組み立てます。
お気軽にお問い合わせください。