「おまえには人望がない」パワハラ自殺で約1億円損害賠償請求

ガスや石油製品などを販売する「橋本産業」(東京都)の山形営業所に勤めていた当時51歳の男性が自殺したのは、上司のパワーハラスメントが原因だったとして、遺族が会社を相手取り、約1億円の損害賠償を求め提訴した、とのことです。

上司から「ボーナスもらえると思うな」…自殺男性の遺族が1億円賠償求め提訴
https://www.yomiuri.co.jp/national/20200624-OYT1T50149/

記事によりますと、以下のような経緯があったということです。
1985年 営業職の正社員として入社
2017年6月頃~ 所長から継続的にパワハラを受けていた
●「おまえには人望がない」「ボーナスもらえると思うなよ」などと、他の従業員らの前で叱責
●複数回に渡り営業日誌を書き直させられた 等
その後、体調不良
2018年3月 自殺
2018年5月 労災申請
2018年11月 営業所長の叱責によってうつ病を発病し、自殺したと、労災認定
(訴状より)