「キスしていい?」 セクハラの神奈川県課長級職員を戒告(2022年4月27日 神奈川新聞)

「キスしていい?」 セクハラの神奈川県課長級職員を戒告(2022年4月27日 神奈川新聞)
https://www.kanaloco.jp/news/government/article-906900.html

神奈川県は、健康医療局の課長級男性職員を、セクハラ行為をしたことなどについて戒告の懲戒処分とした、とのことです。

記事によりますと、以下のような経緯になります。

  • 懲戒処分となった加害者は、神奈川県健康医療局の課長級の男性職員、49歳。
  • 被害者は、部下の女性職員。
  • 2021年10月、日帰り出張中に被害者の女性職員を抱きしめて、「キスしていい?」「好きだよ」と発言した。
  • 2021年9〜10月にも、出張中に被害者の頭をなでたり、携帯電話で女性を撮影して「スーツ姿かわいい」と言ったりした。
  • 2021年10月中旬出張から戻った被害者が被害を別の上司に申告して発覚した。
  • 県の聴取に対し、行為者は「どうしてこういうことをしてしまったのか分からない。(女性に)恋愛感情はなかった。反省している」と話している。すでに女性とは別の部署に異動した。
  • 被害者は「上司なので嫌とは言えず、露骨に振り払うこともできなかった」としている。
  • 県は監督責任を問い、男性の当時の上司を厳重注意とした。
発覚後に「恋愛感情はなかった」と言い逃れようとする行為者は多いですが、その言い訳も失礼極まりないです。負け惜しみなのでしょうか。