「何でできてへんねん」「アホか」滋賀県の部長級職員がパワハラ 部下は休職(2022年9月22日 京都新聞)

「何でできてへんねん」「アホか」滋賀県の部長級職員がパワハラ 部下は休職(2022年9月22日 京都新聞)
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/885870

2022年9月22日、滋賀県は、部下に対するパワーハラスメントで、地方機関の部長級男性職員(50代)を、減給10分の1(2か月)の懲戒処分にしたと発表した、とのことです。

報道によりますと、2022年4〜6月、部長級職員は部下に対し以下のようなパワーハラスメントをしたということです。

  • 具体的な指示や助言をせず、業務の進行状況について「何でできてへんねん」と畳み掛け、しつこく問い詰めるなどした。(→部下は心身の不調で休職中)
  • 本庁職員との電話で「アホか。そっちでやるのが当たり前やろ」と怒鳴りつけ、受話器を叩きつけるように切った。