「改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた」

国税庁が、「改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた」を公表し、リーフレットを公開しています。

源泉所得税の納付の際は、改元後も「平成」が印字された「源泉所得税の所得税徴収高計算書(納付書)」を引き続き使用できます。
対象となる納付書は、以下のとおりです。
・利子等の所得税徴収高計算書
・配当等の所得税徴収高計算書
・給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(一般用)
・給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(納期特例分)
・非居住者・外国法人の所得についての所得税徴収高計算書
・報酬・料金等の所得税徴収高計算書
・定期積金の給与補てん金等の所得税徴収高計算書
・上場株式等の源泉徴収選択口座調整所得金額及び源泉徴収選択口座内配当等・未成年者口座等において契約不履行等事由が生じた場合の所得税徴収高計算書
・償還差益の所得税徴収高計算書
・割引債の償還金に係る差益金額の所得税徴収高計算書

詳しくは、下記リンク先の国税庁のリーフレットで確認してください。

改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/kaigennitomonau/01.htm
「改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた(リーフレット)」(PDF)
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/kaigennitomonau/pdf/001.pdf

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る