「教員のハラスメント改善を」看護学生らが嘆願書 2年生は8割署名(2022年6月16日 朝日新聞デジタル)

「教員のハラスメント改善を」看護学生らが嘆願書 2年生は8割署名(2022年6月16日 朝日新聞デジタル)
https://www.asahi.com/articles/ASQ6H73QYQ6HOBJB00H.html

愛知県蒲郡市立ソフィア看護専門学校の2〜3年生55人と保護者95人が、教員のハラスメントで学業に集中できないとして、市長宛てに改善の要望書と嘆願書を提出した、とのことです。
同市は、調査の上教員向け研修を実施する方針を示したということです。

記事によりますと、以下のような経緯があったということです。

  • 3年生の話では、ハラスメントは約2年前に始まった。
    • 進級時の不安を相談した2年生に対し、1人の教員が「10人は落とす」などと応じた。
    • 十分な睡眠を取れないほどの膨大な量の課題を出され「文句があるなら学校を辞めて」などと言われた。
    • 水を掛けられた、等。
  • 学校に相談したが対応してもらえなかった。
  • 13日提出の要望書や嘆願書は、2年生の8割強、3年生の8割近くが署名し、3年生の嘆願書では教員3人と副学長の変更を求めている。

投稿者

株式会社 ケンズプロ
株式会社 ケンズプロ
ケンズプロは、パワハラ・セクハラ等ハラスメントや過労死・過労自殺、人権侵害、労働災害等のリスクから企業と労働者を守る労務危機管理コンサルティング会社です。