働き方トピックス新型コロナトピックス

【コラム】完璧でなくてもいい、まずは試してテレワーク

そんな働き方があるのは知っていたけれども、我が社には関係ないと思い無視していたテレワーク。
あるいは、数年以内に導入しようと思っていたけれども、準備が進まずなかなか踏み込めなかったテレワーク。
それが、新型コロナウイルスの登場で、図らずも急にスタートを切らざるを得なくなったテレワーク。

経営者様や働く皆様のお声を拾ってみると、「快適!」という方と、「邪道だ」「馴染まない」という方とに二分されているようです。

物理的な距離が近くなければ業務が立ち行かないと信じ込んできた方にとっては、テレワークはいまいち不便な働き方かもしれません。

話しかけたいときすぐに話しかけられない・・・
紙の書類でやり取りした方が早い・・・
家でサボっているんじゃないかと疑ってしまう・・・

メリットもあれば、デメリットもありますよね。

しかし、感染症、災害、人材の多様化、介護社員の増加などがあると、オフィスに全員集合して仕事をする方が難しくなります。
今からでも、いつでもテレワークに切り替えられるよう準備を整えておくことは、非常に有効なBCPになります。

ネックになっているのは、実は制度でも機器の不足でもなく、「思い込み」であることがほとんどです。

「できない」という思い込みを捨て、まずは完璧でなくてもいいので、「まあ、できなくもない」程度の完成度で、試行してみてください。

慣れてくると、これが当たり前になり、「こんな効率的な働き方はない」と快適さを感じられるようになり、もはや全員集合オフィスには戻れなくなります。

「コロナで仕方なくテレワーク」から始まったテレワークを、「働き方のスタンダード」として前向きに積極活用していきましょう。