ダイバーシティホワイト企業認定制度政府・自治体からのお知らせ

【厚労省】「もにす認定制度」で初の認定事業主が誕生しました

厚生労働省は、「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づく、障害者雇用に関する優良な中小事業主に対する認定制度(以下、「もにす認定制度」)で初の認定を行いました。

「もにす認定制度」とは、障害者雇用の促進および雇用の安定に関する取り組みの実施状況などが優良な中小事業主を厚生労働大臣が認定する制度で、今年の4月から実施されています。
この認定制度により、認定企業が障害者雇用における身近なロールモデルとして認知されることで、地域における障害者雇用の取り組みの一層の推進が期待されるとしています。
また、認定されると、自社の商品・サービス・広告などに「認定マーク」を表示することができ、日本金融公庫の低利融資対象となるほか、厚生労働省ホームページへの掲載など、周知広報の対象となるなどのメリットがあります。

認定をご希望される事業主の方は、必要書類を主たる事業所を管轄する都道府県労働局またはハローワークに提出することになります。
必要書類は厚生労働省ホームページからダウンロードできます。

もにす認定マーク
★「もにす」は、共に進む(ともにすすむ)という言葉に由来し、企業と障害者が共に明るい未来や社会に進んでいくことを期待し、名付けられたものです。

【厚労省】「もにす認定制度」で初の認定事業主が誕生しました
~障害者雇用に取り組む優良中小事業主から、第1号事業主3社を認定~

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14224.html