BCP感染症BCP・新型コロナ

いま、大災害が起きたら~新型コロナウイルスと自然災害の同時発生に備える

新型コロナウイルス感染拡大の真っ只中、もしも今、大地震や台風などの災害が起きたら・・・

実際、2月以降も震度3を超える地震が日本各地で発生していますし、昨日は家が倒壊するほどの竜巻の被害が海外で発生しました。

いま、大災害が起きたら~新型コロナウイルスと自然災害の同時発生に備える

食べ物と物資を備えましょう

今はマスクと消毒液の確保に夢中ですが、万が一の事態に備え、食品や医療・衛生用品、手回しラジオやバッテリーなども準備しておきましょう。
自然災害用の備蓄品については、こちらのページをご参照ください。

避難所での過ごし方

避難所へ避難する際は、体温計やマスク(鼻と口を覆える布やタオルでも可)、消毒剤を含む避難セットを持ち出します。

誰が新型コロナウイルスに感染しているかわからない中、避難所で共同生活を送ることになると、クラスター感染のリスクは非常に高まります。

自分自身が感染源にならないよう、まめに検温し、発熱や体調不良がある場合には、マスク等をし、避難所の管理者に伝えましょう。

他の人が感染している可能性も考え、ダンボールや、棒と布などでパーティションを立てて過ごしましょう。
消毒、手洗いはいつも以上に頻繁に丁寧に。

徹底的な衛生行動を心がけましょう。

家族などで過ごす際は、向き合わず、背中合わせになって過ごすようにします。

避難所が3密にならないよう、他の家族とは間を空けて場所を取ります。
避難所の管理者がそのように設定してくれるはずです。

常に覚悟を、シミュレーションを。

災害はコロナの終息を待ってはくれません。
今からシミュレーションし、いざというときも命を守りましょう。