たばこの火押し付け・激辛の焼きそば無理強い…退職はいじめ原因と元市職員が提訴(2022年6月2日 読売オンライン)

たばこの火押し付け・激辛の焼きそば無理強い…退職はいじめ原因と元市職員が提訴(2022年6月2日 読売オンライン)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20220601-OYT1T50254/

静岡県伊東市の元職員の男性(22歳)が、伊東市と当時の市職員らに、市役所を退職したのは、職場内で受けたいじめが原因であるとして、慰謝料など計約440万円の損害賠償を求める訴訟を起こした、とのことです。

記事によりますと、以下のような経緯があったということです。

  • 原告である元職員の男性は、2018年春に市建設課に配属された。
  • 配属直後から、上司らから、いじめを受けるようになった。
    • たばこの火を手首に押し付けられる
    • 激辛の焼きそばを無理やり食べさせられる、など
  • 男性は混合性不安抑うつ障害を発症。
  • 2020年4月に公務災害認定を受けた。
  • 2020年6月、復職の目処が立たず、退職。

投稿者

株式会社 ケンズプロ
株式会社 ケンズプロ
ケンズプロは、パワハラ・セクハラ等ハラスメントや過労死・過労自殺、人権侵害、労働災害等のリスクから企業と労働者を守る労務危機管理コンサルティング会社です。