ハラスメントに関る話題・見解専門家コラム新型コロナに関する話題・見解

コロナハラスメントとは

コロナハラスメントが急増

2020年、新型コロナウイルスの流行により経営と雇用が不安定になる中、ハラスメントが急増しています。
非接近・非接触・非対面・非集合・非移動を新標準とした働き方では、以前とは少し様子の違う、人間関係の歪みや感情のもつれも生じやすくなります。

退職勧奨

コロナの影響で経営難に陥り、不適正な手段で退職を促す。

密な会議

不必要に人を集めたがる上司。

無理に出社させる

不安、怖い、体調が悪い、と言っているのに、「病は気から」等と出社を強要する

接近・接触する

ソーシャルディスタンスについての意識が低い。

唾液を飛ばす

大声で話す、くしゃみ・咳エチケットを無視するなど。

手洗いや消毒をしてくれない

面倒くさがりで、衛生意識が低い。

マスクをしてくれない

周囲の目を気にしないマイペース。
マスクから鼻や口が出てしまっている方も。

誹謗中傷・差別

感染者はもちろん、感染者の家族、体調不良者、咳やくしゃみをしただけの者、医療従事者、医療従事者の家族等に対し過度に厳しい。

対策する人を侮辱・叱責

「コロナなんて風邪と同じ」「インフルエンザと変わらない」等と言って、予防行動を行う人を馬鹿にしたり、自分との距離を取られると「俺をコロナと思っているのか」と怒ったり、時差出勤等を希望したときに「甘えすぎ」「仕事をなめるな」と叱る、など。

逆に、対策しない人を侮辱・叱責

マスクをしない、手を洗わない、咳エチケットを行わないなど、自分と異なる衛生観念の者、自分は気をつけているのに気をつけてくれない者に苛立ち、不適正な手段で対策を強要しようとする。


コロナ禍で、誰もが不安やストレスを抱え、職場も家庭も街中も、ギスギスした空気が蔓延しています。
こんなときこそ、同じ職場で働く「仲間」を大切に、助け合うコミュニケーションを心がけたいものです。