BCPに関する話題・見解新型コロナに関する話題・見解

【新型コロナ対策】コロナ予防で手荒れ、に悩んでいませんか?手荒れケアも大切です。

ザーネクリーム

(▲我が家はザーネクリーム)

新型コロナウイルスの感染予防には、一にも二にも「手を洗うこと」が大切と言われています。
今まで以上に丁寧に、何度も何度も手を洗うようになっていますよね。

また、アルコールがウイルスの不活性化に有効とされていますので、手を洗えないときには手指消毒剤で消毒したり、ドアノブやテーブルなどの除菌にもアルコールシートを使用したりと、アルコールに触れる機会が増えています。

そうした中増えているのが、「手荒れ」の悩みです。
アルコールや殺菌タイプのハンドソープは、手に必要な菌や潤いまで殺してしまうことがあるため、手が荒れます。

手が荒れると、そこに雑菌やウイルスが繁殖しやすくなります。
ウイルスを除去するために手を洗うのに、逆効果になってしまいます。

では、どうすれば?

ポイント

  1. ゴシゴシこすらず、しっかり泡立て優しくふわふわ洗うようにします。
  2. 流すときは人肌くらいのぬるま湯で、このときもゴシゴシこすらず優しく洗い流します。
  3. 石けん成分が残っているとそこにも雑菌が繁殖しやすくなります。残らないようしっかり洗い落としましょう。
  4. ハンカチやタオルで拭き取るときも、こすってはいけません。ポンポンと水分をタオルに含ませるように拭き取ります。摩擦厳禁!
  5. 水分が残っていると、手の潤い成分も一緒に蒸発し、ますます乾燥しやすくなりますので、しっかり拭き取りましょう。
  6. 手洗いの後にハンドクリームを塗りますが、その前に、化粧水や導入水で手を潤します。
  7. そして、ハンドクリームを塗ります。このときも摩擦は控え目に、クリームを手で包み温め浸透させるように揉み込みます。
  8. 余裕があれば、シルクやコットンなどの手袋をして過ごします。

ハンドクリームの塗り方

手の平、手の甲はもちろんですが、指先、爪と爪の周り、指の付け根の水かき部分にも塗り込みます。
また、指を曲げ、関節部分のシワを伸ばして、シワの溝にも塗るようにします。
(手を洗うときも、指を曲げて関節シワの溝もキレイに洗うようにしましょう。)
手の温度で温めながら塗ると伸びが良くなります。
手を洗ったりアルコールに触れる度にこまめに塗ることで、荒れにくくなっていきます。

ハンドクリームの選び方

職業や用途、肌質などにより最適な商品は異なりますので、色々試してみてください。
傾向として、オシャレ度が高く香料がたっぷり入ったクリームは、潤いが少ないような気がします。
「尿素配合」「薬用」などの表示があるものから選ぶと良いかもしれません。
ハンドクリームで手を守りましょう。

個人的にはエーザイ ザーネクリームか、花王 アトリックス メディケイティッドを愛用しています。

手荒れしづらい水生成器をご紹介しています

次亜塩素酸生成器「@手洗いざんまい」、噴霧器「プロミスト」をご案内しています。
微酸性電解水は次亜塩素酸を含み、インフルエンザウイルスやノロウイルス、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌等のウイルスや細菌を不活性化する効果が実証されています。
アルコールの代わりに微酸性電解水で手を洗ったり拭き掃除をしたりできるため、手荒れを軽減することができます。

ご案内はこちら

—–

コロナ予防のために皮膚炎を起こしてしまっては本末転倒ですので、手肌、大切にしてあげてくださいね。


エーザイ ザーネクリーム (48g) 保湿クリーム 【医薬部外品】


エーザイ ザーネクリーム (100g) 保湿クリーム 【医薬部外品】