交通運輸等労働者約半数が被害、カスハラ防げ!(2022年5月25日 航空新聞社)

交通運輸等労働者約半数が被害、カスハラ防げ!(2022年5月25日 航空新聞社)
https://www.jwing.net/news/52109

全日本交通運輸産業労働組合協議会(交運労協)は、5月23日、交通運輸政策研究集会を東京都内で開催し、その中で、いわゆるカスタマーハラスメント(カスハラ)に関するガイドラインを作成することを明らかにした、とのことです。

交通運輸・観光サービス産業における実態に触れつつ、カスハラが労働者・企業に及ぼす負の影響と対策の必要性、企業が取り組むべき対策などを明示した「交通運輸・観光サービス産業におけるカスタマーハラスメント防止ガイドライン」となるようです。

交運労協が2021年11月に公表された『悪質クレーム(迷惑行為) アンケート調査」報告書』によりますと、「46.6%の組合員が「直近2年以内に利用者からの迷惑行為の被害にあった」と回答しており、中でも643名(3.1%)もの組合員が16回以上の被害にあっているという深刻な実態」であるということです。

交運労協『悪質クレーム(迷惑行為) アンケート調査」報告書』(2021年11月公表)
https://kens-pro.com/koun-chousa202111/

投稿者

株式会社 ケンズプロ
株式会社 ケンズプロ
ケンズプロは、パワハラ・セクハラ等ハラスメントや過労死・過労自殺、人権侵害、労働災害等のリスクから企業と労働者を守る労務危機管理コンサルティング会社です。