健康経営アドバイザー認定証

弊社代表の新田が、東京商工会議所により『健康経営アドバイザー』に認定されました。
クライアント企業様に、『健康経営』を推奨してまいります。

例えば風邪を引いて喉が痛いとか、二日酔いで頭が痛いとか、ほんの少しでも体調が優れないだけで、仕事への集中力を欠き頭が回らず良いアイディアも浮かびませんし仕事の能率も下がってしまいます。
従業員の健康は、仕事の質、企業の信用、業績にまで影響します。
従業員の健康管理や健康増進を「投資」と捉え、経営戦略の一環として健康経営に取り組んでいきましょう。

<健康経営とは>
健康経営とは、従業員等の健康管理や健康増進の取り組みを「投資」と捉え、経営的な視点で考えて、戦略的に実行する新たな経営手法です。
これまで、従業員の健康管理は自己責任、あるいは企業にとってコストとして考えられてきましたが、今後も続くであろう深刻な「人手不足問題」などを背景に、「健康経営」に注目する経営者が増えています。
従業員の健康づくりを「投資」とするには、相応の「リターン」が期待されるからです。先進的に健康経営取り組む企業からは、「生産性向上」「業績向上」「従業員の活力向上」「組織の活性化」「企業価値向上」「採用時の応募数増加」などを実感しているといった声も寄せられています。
また、労務管理・労働安全対策の視点からの「法令遵守」「リスクマネジメント」の手法としても注目されています。
このように、健康経営は、企業が経営理念に基づいて、従業員等の健康保持・増進に積極的に取り組むことにより、従業員の活力向上や生産性の向上など組織の活性化をもたらし、ひいては業績の向上や企業のイメージ向上、採用増加へ繋げていく取り組みです。

(出典:東京商工会議所

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る