公共調達の参加企業に人権尊重の取り組み求める方針 政府(NHKほか各社報道)

この記事を読むのに要する時間: < 1 minute

政府は、ビジネスと人権に関する関係府省庁会議を開き、公共調達に参加する企業に対し、人権尊重に取り組むよう求めていく方針を決定した、とのことです。

↓当社の特設ページもご参照ください。

ビジネスと人権ページへ

https://kens-pro.com/human-rights/

世界的に人権意識が高まる中、政府は、関係府省庁による会議を開き、公共調達に参加する企業に対し、人権を尊重した取り組みに努めるよう求めていく方針を決めました。
人権問題をめぐっては、アメリカで、去年6月、中国の新疆ウイグル自治区で強制労働によって生産された製品の輸入を全面的に禁止する法律が施行されるなど、人権に配慮した経済活動を目指す動きが世界で広がっています。
こうした中、政府は、日本国内でも対応を強化する必要があるとして3日、関係府省庁による会議を開き、国が発注する公共調達では、入札に参加したり、契約を交わしたりする企業に対し、人権を尊重した取り組みに努めるよう求めていく方針を決め、説明書や契約書などの書面に明記することになりました。
また今後は、公共調達に関わる企業の生産活動や原材料の調達過程で、強制労働や低賃金による不当な就労がないかなどを、各省庁が調べることにしています。
(2023年4月3日 NHKニュースhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20230403/k10014027901000.html)

投稿者

株式会社 ケンズプロ
株式会社 ケンズプロ
ケンズプロは、パワハラ・セクハラ等ハラスメントや過労死・過労自殺、人権侵害、労働災害等のリスクから企業と労働者を守る労務危機管理コンサルティング会社です。