“内部告発で異動”深川市を提訴(NHK)

深川市立病院で上司の不適切行為を内部告発したところ異動を命じられるなどのパワハラを受けたとして、47歳の男性職員が病院を運営する深川市を相手取り、異動の取り消しと慰謝料など約110万円を求める訴えを起こした、とのことです。

“内部告発で異動”深川市を提訴(NHK)
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210204/7000030248.html

記事によりますと、以下のような経緯があったということです。

  • 原告は、深川市立病院に勤務する47歳の男性職員
  • 被告は、深川市
  • 原告は、上司が取引先の担当者にプロ野球の観戦チケットを要求したことなど複数の不適切行為を約5年前から内部告発し改善を求めていた
  • 原告は、内部告発後から、上司から業務連絡をもらえなくなるなどの嫌がらせを受けるようになった
  • 原告は、2020年10月には25年間所属した診療技術部から事務部に異動させられた
  • 原告はその後、体調を崩して3か月間の病気休暇を余儀なくされた