前議長、市職員にパワハラ・セクハラか 市原市議会 1カ月療養の職員も(2022年7月6日 千葉日報)

前議長、市職員にパワハラ・セクハラか 市原市議会 1カ月療養の職員も(2022年7月6日 千葉日報)
https://www.chibanippo.co.jp/news/politics/953896

千葉県市原市ハラスメント防止対策委員会が、「岡泉前市議会議長から市職員4人がパワハラやセクハラ行為を受けた」とする報告書をまとめた、とのことです。
前議長は、ハラスメントの認識はない、としています。

記事によりますと、報告書の内容は以下のようになります。

パワハラを受けたとする男性職員

  • 市議会の政務活動費不正受給問題を巡り、他の職員の面前で「あんたも共犯だな」と罵られたり、強く叱責された。
  • 職場で孤立させようとする言動もあった。
  • →5月20日から約1か月間の療養休暇を取得した。

セクハラを受けたとする女性職員

  • 食事や観光地に行こうと誘われた。
  • 性的な発言をされた。
  • →携帯電話の番号を変更せざるを得なくなった。