▲『道の人口流出止まらず』(2017年2月14日朝日新聞)

北海道の人口流出が依然盛んで、4年連続全国ワーストであることが、総務省公表の人口移動報告で明らかとなりました。

【総務省『住民基本台帳人口移動報告 平成28年(2016年)結果』】
http://www.stat.go.jp/data/idou/2016np/kihon/youyaku/index.htm

特に、函館市、釧路市、小樽市などで転出が超過となっています。

そもそも町に人が住んでいなければ、企業の人手も充足できません。
企業のための人材確保対策と同時に、地域の活性化・ブランディングも不可欠です。
官民一体となり早急に取り組まなければ、町も企業もどんどん消滅してしまうでしょう。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る