過労死・働き方改革

厚生労働省、勤務間インターバル2025年までに15%へ引き上げ目標

厚生労働省は、勤務間インターバル制度の導入企業を2025年までに15%以上に引き上げる目標をあげました。
現在の導入率は4.2%です。
目標達成は容易ではありませんが、過労死防止策として有効で大切な制度です。
特に医療・福祉の現場で導入が進み実行されることが望まれます。

(厚生労働省ウェブサイト)勤務間インターバル制度
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/interval/index.html