同僚の自衛官に対し、容姿や年齢からかう“セクハラ”発言…50代の男性幹部、懲戒処分「セクハラにあたる認識なかった」(2022年9月14日 HBCニュース)

同僚の自衛官に対し、容姿や年齢からかう“セクハラ”発言…50代の男性幹部、懲戒処分「セクハラにあたる認識なかった」(2022年9月14日 HBCニュース)
https://www.hbc.co.jp/news/01c226a0db2fb5503abf6c903f3fb34a.html

航空自衛隊は、同僚の自衛官に対しセクハラ発言をしたとして、50代の男性幹部を戒告の懲戒処分とした、とのことです。

記事によりますと、以下のような経緯になります。

  • 戒告の懲戒処分を受けたのは、航空自衛隊第2航空団整備補給群に所属する50代の男性准空尉。
  • 2022年7月17日、千歳基地内で開催された持続走大会に参加していた同僚に対し、応援席から容姿や年齢をからかうような侮蔑的なセクハラ発言をした。
  • 同僚(被害者)が相談窓口に相談して発覚。
  • 航空自衛隊が確認したところ、男性准空尉は発言を認めた。
  • 男性「言った言葉がセクハラにあたるという認識がなかった」が、反省しているという。