ハラスメント

岩手県 同僚に暴言吐くなどパワハラ行為 消防士長を懲戒処分(2021年10月6日 テレビ岩手)

岩手県 同僚に暴言吐くなどパワハラ行為 消防士長を懲戒処分(2021年10月6日 テレビ岩手)

岩手県大槌消防署の男性職員が、同僚に対するパワーハラスメント行為により精神的苦痛を与えたとして、戒告の懲戒処分を受けた、とのことです。

記事によりますと、以下のような経緯があったということです。

  • 処分を受けたのは、岩手県消防本部の37歳男性消防士長
  • パワーハラスメントを受けたのは、その後輩4人
  • パワハラがあった期間は2019年〜2020年
    • 家族を含めて侮辱するような暴言を吐く
    • 休日に呼び出す
    • 数万円の商品を買わせたのに代金を支払わない、など
  • 被害を受けた同僚以外の職員からの報告で発覚し、消防本部は消防士長を戒告の懲戒処分とした
  • 当時の上司人も厳重注意処分となった
  • 消防士長はパワハラを認め、4人に謝罪した