ハラスメント

市理事が部下2人に文書を10回修正させ、威圧的に叱責…うち1人は精神疾患に(読売新聞)

市理事が部下2人に文書を10回修正させ、威圧的に叱責…うち1人は精神疾患に(読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210824-OYT1T50167/

長崎市は、総務部の50代男性理事を減給3か月(10分の1)、市中央消防署警防2課の50代男性主事を減給2か月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表しました。
パワーハラスメント行為があったということです。

(1)総務部男性理事
理財部に所属していた2020年12月、部下2人に対し、文書の修正を約10回も行わせ、威圧的に叱責した。
うち1人は精神疾患で約1か月間休職した。

(2)市中央消防署警防2課主事
同署警防1課に所属していた2020年10月、指示に従わなかった20代の男性消防士の体を2回殴り、右腕に打撲傷を負わせた。