成長し定着する組織では「挑戦と失敗を歓迎」している

挑戦なくして成長なし。
失敗なくして成功なし。
挑戦があるから失敗があり、失敗があるから成功と成長がある。

誰かが失敗したり、新しいアイディアを提案したりすると、組織は否定的な反応をするものですが、それは見直されるべきです。

「挑戦したことが素晴らしい!」
「提案したことが素晴らしい!」と、挑戦や提案を歓迎しましょう。

失敗は、「質」が重要です。
ただ何も考えずなんとなくやってみて「失敗」したのと、
果敢に挑戦して試行錯誤してみた結果「失敗」したのとでは、質が大きく違います。
後者であれば、褒め、好評価すべき失敗です。
失敗やミスがあったときは、その過程を見るべきです。

また、何度でも再挑戦できる風土を作ることが大切です。
「失敗しても大丈夫」という安心感が、再挑戦、そしていつかの成功と成長につながります。

チャンスは一度切り、失敗したらキャリア終了、という風土では、誰も新しいことに挑戦せず、受動的で無意欲な組織になります。

失敗を恐れず、できない理由よりできる方法を何度でも考え、難しい課題にも果敢に挑む環境を作りましょう。