Womenハラスメント

生徒が使用中の女子トイレに男性の先生が…セクハラ調査(朝日新聞)

生徒が使用中の女子トイレに男性の先生が…セクハラ調査(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASP5L72QLP5LUDCB00F.html

千葉県教育委員会が、2020年度に行ったセクハラと体罰に関する調査の結果を公表しました。

令和2年度セクシュアルハラスメント及び体罰に関する実態調査の結果について(概要)
https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/soumu/press/2021/documents/r3_dai2kai_houkoku1.pdf

調査対象

千葉市立学校及び市立高等学校を除くすべての公立学校に在籍する児童生徒478,666人及び職員41,515人

調査対象期間

令和2年4月1日(水)から回答日まで

実施期間

令和2年12月7日(月)から令和3年1月29日(金)まで

実施方法

  • 児童生徒:学校生活におけるセクハラ,体罰及びセクハラ以外のハラスメントについて,アンケートにより,調査する。
  • 職員:セクハラに関する実態をアンケートにより,調査する。

結果の概要

  • 「セクハラと感じて不快であった」と回答した児童生徒:回答者455,663人中543人(100人当たり0.12人)
  • 「セクハラ以外のハラスメントを受けて不快であった」と回答した児童生徒:回答者455,663人中1,610人(100人当たり0.35人)

セクハラと感じ不快だったと回答した件数が多かった項目

① 県立高等学校生徒
・「性的な話・冗談等を言われ,不快であった。」
・「容姿等の身体的特徴を話題にされ,不快であった。」
・「不必要に身体に触られ,不快であった。」
② 特別支援学校児童生徒
・「不必要に身体に触られ,不快であった。」
・「性的な話・冗談等を言われ,不快であった。」
③ 中学校生徒
・「不必要に身体に触られ,不快であった。」
・「容姿等の身体的特徴を話題にされ,不快であった。」
・「性的な話・冗談等を言われ,不快であった。」
④ 小学校児童
・「容姿等の身体的特徴を話題にされ,不快であった。」
・「不必要に身体に触られ,不快であった。」
・「性的な話・冗談等を言われ,不快であった。」
※ 生徒の回答について内容を調査したところ,授業中の職員の冗談や説明の中での性的な言動や,部活動及び服装頭髪指導等の生徒指導の場面における教職員の対応を不快と感じたものが多かった。

セクハラと捉えた具体的な事柄(県立学校生徒の回答の趣旨の抜粋)

・「男子だから」という理由で男子生徒を無理やり発表させた。
・授業で先生が「女らしく」と言ったことが不快だった。
・授業中に先生の話している内容が性的で不快なことがあった。
・数学の先生の授業で,公式の覚え方がセクハラだと思った。
・進路の話をしている最中に,「結婚しそう,しなさそう」という話をされた。
・女子トイレに生徒が入っているのに,清掃監督の男性の先生が入っていくのを見た。
・このアンケートについて,性別にチェックをつけることが苦痛であった。