Insights

今どきの飲みニケーション

飲みニケーション

若手社員との飲みニケーションをどうすれば・・・という悩みは、非常に多くの経営者や管理職の方々から寄せられます。
各社の飲み会の実態などをお伺いしながら、アドバイスをさせていただいています。

「強制ですか」
「残業代は出るのですか」
「強制するのはアルハラでは」
・・・と、若者のアルコール離れと公私混同嫌いが相まって、喜んで職場の飲み会に参加してくれる若手社員は絶滅寸前になっています。

コミュニケーション不全は企業活動のあらゆる機能を停滞させます。
仕事から少し離れて、フラットにコミュニケーションを取ることのできる飲み会という機会は、大切だと思います。

どうすれば参加してもらえるようになるのか・・・は難しいですが、これをやったら参加してもらえなくなる、というのは、想像しやすいと思います。
そして多くの企業様が、「これをやったら参加してもらえなくなる」ことをそのまま「やってしまっている」タブー飲み会をやってしまっているのです。

まず、お酒の席では、「強制」を禁止にしましょう。
お酌、一気飲み、一発芸、カラオケ、デュエットなどの強制は、若者の心を一気に遠ざけます。
飲み物がアルコールであることを強制するのもタブーです。ソフトドリンクでもOKとしましょう。

もちろんこれは、若手社員だけでなく、全員がお互いに強制し合わない、としなければいけません。
他の先輩がお酌させられ芸をさせられているのを見るだけで、「1年後には自分もアレをやらなければならないのか」と予想することになるからです。

先輩や上司の「つまらない話」に付き合わされるのも苦痛のようです。
嫌われるのは、「説教」「自慢話」「猥談」です。

上司の皆さまが顔を真っ赤にしてベロベロになっている姿を見るのも「引く」ようですので、まずは飲み会ではなく、“楽しく美味しいお食事会”の開催から入って行くのも手です。

最初のうちは、経費を出すとか、上司ではなく先輩が誘うとか、若手社員の食べたいものを訊くなどして、やや媚びながら、・・・徐々に、「飲み会も悪くないかも」と思えるくらいになるまでゆっくりと、“慣らし食事会”を繰り返すのも良いでしょう。

若者たちが抱いている、お酒と「酔っ払いのおじさん」に対する悪いイメージが、飲み会離れの一因になっています。
そのイメージを払拭する努力を地道に積み重ねましょう、きっと報われます。


AERA (アエラ) 2018年 12/3 増大号 [雑誌]