50代教授「上司として心配」、女性部下の自宅や実家周辺うろつく…性的発言も(2022年6月2日 読売新聞オンライン)

和歌山県立医大は、部下の女性にセクハラやパワハラを繰り返したとして、医学部の50代の男性教授を停職3か月の懲戒処分とした、とのことです。

記事によりますと、以下のような経緯があったということです。

  • 懲戒処分となった行為者は、和歌山県立医大医学部の男性教授(50代)
  • 被害者は、同じ医学部の部下の女性
  • 2021年12月〜2022年1月、不快感を与える性的な発言や、人格や尊厳を傷つける発言を繰り返したほか、自宅や実家周辺をうろつくなどしてつきまとった。
  • 2022年1月下旬、女性から大学に相談があり、発覚。
  • 2022年3月、女性は3月に抑うつ状態と診断され、一時休職した。
  • 行為者は、大学側の聞き取りに対し、「軽率だった」「本人が心身不安定になっており、上司として心配で様子を見に行った」と話しているという。
  • 2022年6月1日、大学は、行為者である教授を停職3か月の懲戒処分とした。