90歳女性の脇腹殴り肋骨折る…介護福祉士の男「反射的に手が当たった」と容疑否認(2022年7月5日 読売新聞オンライン)

90歳女性の脇腹殴り肋骨折る…介護福祉士の男「反射的に手が当たった」と容疑否認(2022年7月5日 読売新聞オンライン)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20220704-OYT1T50246/

熊本県多良木町の高齢者施設で、入所者の女性(90歳)の右脇腹を手で殴り、肋骨骨折など加療約4週間の怪我を負わせた傷害容疑で、介護福祉士の男(50歳)が逮捕された、とのことです。
施設から連絡を受けた女性の家族が警察に通報、男は「反射的に手が当たった。故意ではない」と容疑を否認しているということです。