Topics

9月は「障害者雇用支援月間」です

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構は、厚生労働省、都道府県と連携し、毎年9月を「障害者雇用支援月間」と定め、障害者雇用の機運醸成、障害者の職業的自立を支援するための啓発活動を展開しています。

障がいと一言で言っても、種類も症状も程度も人により千差万別ですので、全てのケースに適した対応を講じることは難しいですが、例えば一般常識的に見ても「文字が小さすぎる」「音が小さすぎる」「通路が狭すぎる」「段差が多すぎる」「手順が煩雑すぎる」などの懸念があれば、それらを改善することからでも、多様な人材が安心して安全に働ける職場づくりは進みます。

9月の「障害者雇用支援月間」をきっかけとして、障がいの有無に関わらずストレスなく働ける職場づくりに、取り組んでみませんか。

  1. まずは、全社員にアンケート調査やヒアリング調査を実施し、職場や働き方に関する課題を挙げてもらう
  2. 不作為に選抜したメンバーで、職場改善チームを発足する
  3. 調査結果を踏まえ、チームで、「できることから」取り組む

身体の特徴も、内面的な特徴も、価値観も、生き方も、100人いたら100通り。

「普通」という概念自体が存在しないのだと思います。
自分の常識は他人の非常識、ですね。

機構のホームページでは、職場改善の公事例集が公表されています。
先進的企業様がどのような取組みをされているのか、ご参考になることをオススメいたします。
http://www.jeed.or.jp/disability/data/handbook/ca_ls/h30_kaizen_jirei.html