ハラスメントを受けない自衛術

自信をまとうための自己研鑽

被害者に非があるわけではありません。
しかし、自信なさ気な方がハラスメントの標的になりやすいのは事実です。
仕事について、自分自身について、自信を持てるように、知識や技術を磨き、プロフェッショナルな振る舞いを身に付けましょう。
自信満々で「プロっぽい」姿を演出すると、ハラスメントの被害に遭いにくくなります。

コネクション

社内外に味方、人脈を増やしましょう。
味方の多い人には、嫌がらせをしにくいものです。

  • 口は堅く、心は広く。気配りやモラルのある振る舞い
  • プロフェッショナルな仕事により信頼を得ること
  • ポジティブでご機嫌な雰囲気

桃太郎作戦で仲間を増やしていきます。

上司の苦悩にも理解を

あなたにとっては理不尽なほどに厳しすぎる上司や先輩たちも、様々な苦悩、葛藤を抱えて生きています。
それはハラスメントを肯定する理由にはなりませんが、上司の憂いを察し、それを取り払ってあげられる部下でありたいものです。
上司にハラスメントをさせない、自分がハラスメントの被害者にならないためには、上司から信頼される部下であることです。
両親や祖父母を大切にするように、上司にも尊重と敬意を示してあげてください。
きっと良い関係性を構築できるはずです。