パワハラとは・必要なパワハラ防止策

パワハラとは

職場において行われる

  1. 優越的な関係を背景とした言動であって
  2. 業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより
  3. 労働者の就業環境が害されるものであり

1から3までの3つの要素を全て満たすもの

  • 暴力を振るう
  • 大勢の人の前で叱責する・怒鳴る
  • 他人のミスの責任を負わせる
  • 無視する
  • 陰口をたたく
  • 個人のイメージ・評価を下げるような噂を流す
  • 実際よりも低く評価する。正当な評価をしない
  • 特定の個人にのみ必要な情報を提供しない
  • 特定の個人にのみ嘘のスケジュールや情報を与える
  • 必要性のない残業を強要する
  • 特定の個人にのみ発言の機会を与えない
  • 特定の個人にのみ有給休暇の取得を拒否する
  • 特定の個人のみ休憩時間が短い。又は休憩させない
  • 常に作業を監視する
  • プライベートなことにまで干渉する
  • 特定の個人にのみ注意や説教をする機会が多い。ことあるごとに説教する
  • 業務の指示が一貫していない
  • 学歴や出身地、家柄など業務と関係のないことに基づき責める。評価を下げる
  • 人格を否定するような言葉を浴びせる
  • 仕事を取り上げる。与えない
  • 著しく簡単な仕事・雑用ばかりをさせる
  • 嘲笑する
  • 侮辱的なあだ名を付ける 等々
厚生労働省「心理的負荷による精神障害の認定基準」によると、以下のような出来事があった場合に精神障害を発症しやすくなると考えられます。
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/dl/120427.pdf

心理的負荷「弱」の例

  • 上司等による「中」に至らない程度の身体的攻撃、精神的攻撃等が行われた場合

心理的負荷「中」の例

  • 上司等による次のような身体的攻撃・精神的攻撃が行われ、行為が反復・継続していない場合
    • 治療を要さない程度の暴行による身体的攻撃
    • 人格や人間性を否定するような、業務上明らかに必要性がない又は業務の目的を逸脱した精神的攻撃
    • 必要以上に長時間にわたる叱責、他の労働者の面前における威圧的な叱責など、態様や手段が社会通念に照らして許容される範囲を超える精神的攻撃

心理的負荷「強」の例

  • 上司等から、治療を要する程度の暴行等の身体的攻撃を受けた場合
  • 上司等から、暴行等の身体的攻撃を執拗に受けた場合
  • 上司等による次のような精神的攻撃が執拗に行われた場合
    • 人格や人間性を否定するような、業務上明らかに必要性がない又は業務の目的を大きく逸脱した精神的攻撃
    • 必要以上に長時間にわたる厳しい叱責、他の労働者の面前における大声での威圧的な叱責など、態様や手段が社会通念に照らして許容される範囲を超える精神的攻撃
    • 心理的負荷としては「中」程度の身体的攻撃、精神的攻撃等を受けた場合であって、会社に相談しても適切な対応がなく、改善されなかった場合

ハラスメント関連記事