レイシャルハラスメント(外国人労働者に対するハラスメント)

外国人労働者の受入れが進み、人種・国籍・母国語・文化等の多様化が進む中、その多様性を尊重せず不当な差別や嫌がらせをする事案が絶えません。
日本は経済的には先進国ですが、ダイバーシティは諸外国と比べ遅れています。
これからますます働く人の多様化が加速することが見込まれる中、外国人労働者も日本人労働者と同じように尊重され、均等な待遇が保障され、活躍できる社会の形成が期待されます。

当社は、他のハラスメント(パワハラやセクハラ、ジェンハラ等)と同様に、レイシャル(=人権の)ハラスメント(差別・嫌がらせ)の防止策・発生時対応・再発防止策等を支援いたします。

レイシャルハラスメントの例

日本では、優越的な立場にある上司に対する拒絶の意思表示は躊躇され、威圧的なしごきや男女役割分担意識等が文化として定着しているため個々人の感受性や価値観は重視されず、ハラスメントに対する風当たりはまだまだ穏やかですが、外国では違います。
欧米では、年齢や性別を問わない、身体に接触しない、ジェンダー平等、が当たり前になっているのを見ても、徹底されています。

  • 一般的なパワハラやセクハラ等は外国人労働者も被害を受けていることを前提とします。
  • 「その外見で英語話せないの?」と侮辱する
  • 「中国人はお金に汚いよね」「インド人は毎日カレー?」「韓国人なら辛いもの好きでしょ」等と固定観念や先入観に基づく発言をする
  • 「外国人なのに丁寧でちゃんとしているね」と発言する

  • 「あの国の人?仲良くできないね」と切り離す
  • 「言葉が通じないなら体で覚えさせる」と言って暴力的に指導する
  • 故意に難しい日本語を使う
  • 「国に帰れ」と言う
  • 「ガイジン」と言う
  • 「アメリカ人なら性にオープンでしょう」と言ってセクハラをする
  • 「黒い人」「日サロ行き過ぎ」「顔色悪いよ」等肌の色を揶揄する
  • 「外国人は信用できない」と言い重要な業務や情報共有の機会から遠ざける
  • 宗教上の儀式や慣習を揶揄する

当社が考える人権尊重の基本原則

法令遵守

関係法令を遵守すること

均等待遇

労働条件や機会、取扱について、日本人労働者との間に不合理な差を設けないこと

能力開発・育成

公平かつ充実した教育訓練を実施すること

課題解決

課題・問題に真摯に向き合い解決に努めること

対話と信頼関係

聞く・伝えるコミュニケーションを密にし信頼関係を維持すること