大学生向け「就活セクハラ対処法」〜就活中にセクハラを受けたら、受けないために。

この記事を読むのに要する時間: 2 minutes

就活セクハラとは

就活セクハラとは、就職活動生が、就職活動中またはインターンシップ参加中などにおいて、採用担当者や企業従業員、大学OB・OG等から受ける、性的嫌がらせのことです。

日本製鉄人事担当社員、採用予定の女性にセクハラ 性的関係迫る(2021年6月18日毎日新聞)
https://kens-pro.com/ns-sh20210618/

「企業イメージを阻害」近鉄が“就活セクハラ”採用担当者を懲戒解職 女子大学生をホテルに連れ込む(カンテレ)
https://kens-pro.com/kintetsu-jhsh/

4人に1人が被害を受けている

厚生労働省の調査(厚生労働省令和2年度職場のハラスメントに関する実態調査報告書)では、就職活動中またはインターンシップ参加中に就活セクハラを経験した人の割合は25.5%。
4人に1人が就活セクハラを経験しています。

就活セクハラを受けた経験〜4人に1人が就活セクハラ被害経験

男女別では男性の方が被害経験の割合が高い

男女とも就活セクハラ被害を受けている

性的な冗談やからかい、性的な事実関係に関する質問などは、男性も高い割合で被害を受けています。
「同性同士だからフランクに」「男性なら嫌がらないだろう」と、行為者が思い込んでしまうのかもしれません。

就活セクハラの内容

就活セクハラ行為・発言例
受けた就活セクハラの内容
厚労省の調査では、被害者の男女別に以下のようなハラスメントが挙げられています。

男性

1位 性的な冗談やからかい
2位 性的な事実関係に関する質問
3位 食事やデートへの執拗な誘い
4位 性的な内容の情報の流布
5位 不必要な身体への接触

女性

1位 性的な冗談やからかい
2位 食事やデートへの執拗な誘い
3位 性的な事実関係に関する質問
4位 不必要な身体への接触
5位 性的な関係の強要

就活セクハラを受ける場面

インターンシップに参加したときや、会社説明会、採用面接などで、被害が発生しています。
就活セクハラを受けた場面

インターンシップ制度のない企業では、採用面接で、不適切な質問をするケースが多いでしょう。

就活セクハラの行為者

インターンシップで知り合った企業従業員や、採用面接や説明会の担当者が行為者となっています。

就活セクハラの行為者

就活セクハラを受け入れてはなりません

就活セクハラは、「就職したい」あなたの夢や希望をにつけ込み、自分の欲求や好奇心を満たそうとする、悪質極まりない卑劣で身勝手な行為です。

  • 身も心も、誰にも搾取されてはなりません。
  • 自分自身の価値と尊厳を守りましょう。
  • 自分自身を、大切にしましょう。

個人的な質問には答えない

業務と無関係な質問に対しては、

  • 当たり障りのない回答でかわす
  • 答えたくないことは答えなくてよい

例えば…「個人的な話は控えたいのですが」ü「仕事に関することを質問していただけますか」と、勇気があれば言ってみるのも良いでしょう。
多くはそれで「失礼しました」と理解してくれますが、まれに逆上されることもあるかもしれませんので、無理はなさらずに。
当たり障りのない回答でかわすのが無難でしょう。

なお、性的な質問に答えると「ノリがいいねー」と盛り上がったり評価してくれたりする企業は、性倫理がゆるい、つまりセクハラ文化が定着している企業かもしれません。
そのような企業に就職したら、より一層被害に遭う危険性が高まる…かもしれません。

LINEやSNSでの個人的な連絡は控える

就活で出会う担当者やOB・OG等とは、個人的な関係を持たないのが安全です。
心理的にも、身体的にも、距離感を保ち、立ち入らない、立ち入らせないことです。

  • できれば個人的な連絡先交換は丁重に断る
  • 個人的な話題を避ける・住所等の個人情報は教えない
  • 食事やお酒、一対一面談の誘いが来たら、丁重に断る
  • 敬語や態度を崩さない(フレンドリーにならない)
  • 違和感あるメッセージは、スクリーンショット等で保存しておく

個人的な食事や飲酒、密室での面談は避ける

「密室で二人」になるシチュエーションは、絶対に避けてください。
面接、説明会、インターンシップ、OB・OG訪問・・・いずれにおいても、密室で二人きりである必要性はないはずです。
「こういうものなのかな?」と信じてはなりません。

  • ホテルの部屋や個人宅で面接することはない
  • 勤務時間外・勤務場所以外での面接は怪しい
  • OB・OG訪問はできる限り明るい時間帯に、人のいるファミレスなどで

もしも誘われたら…?

  • 公式の選考過程ですか?」「どなたが同席されますか?」と確認する
  • 個室やホテル、個人宅には行かない
  • 志望先従業員からの非公式な誘いには「公式の場でお願いできますか」

ポイント

  • いつ、どこで、誰に会い、何を話し、何をしたか、良いことも良くないことも、就活のすべてを記録しておきましょう。
  • どこで誰と会うか、予めご両親や信頼できるお友達に伝えておきましょう。
  • もしも可能であれば、会話をスマホで録音しておきましょう。
    • 相手の了承を得てから録音するのが望ましいです。
    • 隠れて録音しようとすると、動作が不自然になったり、相手に知られて怒らせてしまったりするため、 決して無理に実行しようとしてはなりません。

もしも被害を受けたら

一人で抱え込まず、必ず誰かに相談してください

  • 大学のキャリアセンターや相談窓口
  • 都道府県労働局雇用環境・均等部(室)
  • ハローワーク
  • 家族・親戚、友人
  • 大学の先輩、OB・OG
  • 警察
  • 弁護士、等

身の危険を感じたとき、身体的被害を受けたときは

ただちに身の安全を確保してください。
証拠を残そうしたり、就活で不利になるのを恐れて受け入れてしまったりしてはなりません。

  • その場から離れる・逃げる
  • 警察に駆け込む・通報する

自分を大切に

「絶対にここで働きたい!」と夢に胸踊らせ応募してみたら、思い描いていたものとは違った…ということが、たくさんあるでしょう。

「なんだか違和感…でもずっと憧れていた会社だし…入ってしまえば大丈夫かも!?」
と自分を納得させて、セクハラ被害も封印してしまいたくなるでしょう。

でも、一度就職したら、退職は簡単なことではありません。
人生の多くの時間を、その企業で過ごすことになります。

「その人だけがそうなのであって、他の人は違うはず?」
いいえ、氷山の一角かもしれません。
その企業では日常茶飯事なのかもしれません。

いい企業もたくさんあります。
あなたが活躍できる場は、他にもたっくさんあります。
焦らず、ゆっくりじっくり、視野を広げて、考えてみてください。
自分を、大切に。