ハラスメント

職員自殺、パワハラが常態化と認定 北海道・清里町(朝日新聞)

職員自殺、パワハラが常態化と認定 北海道・清里町(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASP7N5DZGP7NIIPE014.html

北海道清里町の役場庁舎内で、今年2月に50代の男性職員が自殺し、町が弁護士事務所に調査を依頼していた件について、報告書がまとまり、上司だった課長によるパワーハラスメントが常態化していたことが認定され、自殺の起因となったと町議会で説明された、とのことです。

町は個人情報保護を理由に報告書を公開していませんが、調査依頼時の報道記事によりますと、他の職員の前で厳しい叱責を受けたり、家族に「今の上司の下だとつらい」「上司と合わない」等と漏らしていたということです。

※当社3月の記事はこちら
清里町職員が庁舎で自殺 町がパワハラ調査を依頼(北海道新聞)
https://kens-pro.com/kiyosato-ph1/