医療安全管理指針の整備(ペイシェントハラスメント対策指針)

この記事を読むのに要する時間: < 1 minute

安全管理に対する病院の方針のあり方を明確化し、病院全体で取り組むべき課題として位置づけます。

実態把握

院内で発生する暴力等のハラスメントリスク低減、発生時の対策を検討するために、ペイシェントハラスメント被害の実態把握を行います。

情報収集

自機関で生じている事例

アンケート・ヒアリング・日報(ヒヤリハット報告書を例に)により収集

他機関で生じている事例

地域の医療機関や全国の同診療科と文書・会議等で共有

方針の検討

実態調査結果等に基づき、ハラスメント被害に対してどのような方針で臨むか、どのような取り組みを進めるべきか等について、病院全体で(病院管理者、看護部門、事務部門など多職種・部門が参加する)話し合います。
まずは、事案の内容を整理します。

  • When:発生頻度の高い季節・時間帯・曜日等→その時期・時間帯の巡回を増やす
  • Where:発生頻度の高い部署・空間→そこに防犯カメラ・警備員等対策強化
  • Who:共通の性別・年齢・病状・特徴等→再発防止策に反映(※決めつけ注意)
  • Whom:特定の人・部署がよく受けているか→その人・部署の原因・特徴を改善
  • Why:発生原因の上位→改善策を検討する
  • What:行為の具体的内容→物を片付ける/距離を取る
  • How:どのような性質のものが多いか→再発防止策に反映
  • How:どのように対処したら、どのような結果になるか→対処法に反映/地域にも共有

院内外に周知

ハラスメントを容認しないという姿勢等、暴力に対する病院の方針を職員に周知徹底し、利用者向けには配布・掲示等を行います。
医療安全管理指針の整備(ペイシェントハラスメント対策指針)・周知

▼ペイシェントハラスメント・迷惑行為防止のための患者へのお願い・説明の例文・見本をダウンロードしていただけます。

ペイシェントハラスメント・迷惑行為防止のための患者へのお願い・説明の例文・見本
ダウンロードページへ

投稿者

株式会社 ケンズプロ
株式会社 ケンズプロ
ケンズプロは、パワハラ・セクハラ等ハラスメントや過労死・過労自殺、人権侵害、労働災害等のリスクから企業と労働者を守る労務危機管理コンサルティング会社です。