社内調査・現状分析(アンケート調査・ヒアリング面談・ストレスチェック)

  • 問題が噴出したとき
  • 職場にリスクが潜んでいることに気づき始めたとき
  • 被害者や目撃者から相談や通報を受けたとき

いずれの際も、決して放置せず、社内調査によるリスクの洗い出しを行い、適切に対処しなければなりません。
問題は放置するとあっという間に対処できないほど拡大し、人材流出、業績悪化、延いては倒産リスクにまで発展しかねません。
ハラスメントや過労死、労働災害は、ある程度は予防できる問題ですが、完璧なガードは存在しません。
人と人、男性と女性が集まり交流している職場という空間においては、どのような企業でも業種でも規模でも発生し得る問題です。
まずは、「我が社は大丈夫」と油断せず、明日は我が身と危機感を持つことから、リスクマネジメントは始まります。
働き方は命に関わります。
対応を誤ると、二次被害、三次被害に発展します。
例えば、相談担当者の態度や言葉で心の傷がさらに深まるというケース、あるいは、口の軽い相談担当者が職場内に漏えいしたことでさらに嫌がらせを受けるというケースなどが考えられます。
被害者のみならず、加害者とされた者、被害者や加害者らの家族や関係者をも巻き込む可能性があります。
少しでも危機に気づいたとき、SOSを受けたときには、会社の存亡を左右する重大事案として正面から向き合うことです。
弊社では、クライアント企業様において問題が発生した際、その対応を担当者様と連携して支援します。

調査事項

  • パワハラ・セクハラ等職場のハラスメントの被害・潜在リスク
  • 労働条件・長時間労働・働き方に関する諸問題・満足度
  • ストレスチェック・メンタルヘルス不全 等

調査方法・サポート方法

  • 社内アンケート
  • 被害者ヒアリング・加害者ヒアリング・第三者ヒアリング
  • 本質的問題の追究(原因が個人的なものか、職場体質によるものか、労働条件に問題があるのか等)
  • 調査報告書
  • 再発防止策報告書
  • 外部相談窓口(外部コンプライアンス室)対応
  • 相談担当者のトレーニング
  • 社内研修
  • 社内パンフレット・ポスター・メール等による注意喚起

例)アンケート調査の流れ

回答された従業員様が各自で密封していただきますので、社内の担当者様の目に触れずに当社にご返送いただくことができます。
手書きの文字はすべて打ち直してから貴社担当者様にお渡しいたしますので、筆跡から回答者を推察されることはありません。
回答される皆様にとっては安心して本音・事実を回答することができますので、アンケートの効果が発揮されやすくなります。

  1. 当社から貴社担当者様に、アンケート用紙の原本とテープ付長3封筒を送付
  2. 貴社担当者様から対象者にアンケート用紙と長3封筒を配布
  3. 回答を各自封筒に入れのり付け
  4. 担当者様が回収・当社に返送
  5. 当社から担当者様へ報告・アドバイス・提案

料金

  • 一般社員アンケート 10万円~+(1,000 円×人数)+税
  • 役員・管理者アンケート  10万円~+(1,000 円×人数)+税
  • 面談・ヒアリング 15万円~+(1 万円×人数)+税

発生時対応について

社内窓口に相談があったとき
当社に委託している相談窓口に相談があったとき
問題が発生していることに気づいたときなどは、
放置せず、迅速に対応し解決策を講じなければなりません。

  • 被害者ヒアリング・加害者ヒアリング・第三者ヒアリング
  • 本質的問題の追究(原因が個人的なものか、職場体質によるものか、労働条件に問題があるのか等)
  • その後については内容次第

料金

当社がどのようにサポートするかにより料金が異なります。
標準タイムチャージは1時間30,000円+税です。

再発防止策について

一連の事実確認や対策措置が完了しましたら、再発防止策を講じます。

  • 報告書作成
  • 社内研修
  • 注意喚起メールや社内報の発行
  • ポスター掲示 等

料金

当社がどのようにサポートするかにより料金が異なります。
標準タイムチャージは1時間30,000円+税です。