新型コロナウイルスBCP
伝染性疾患(強毒性)流行時用BCP

新型コロナウイルス・新型インフルエンザの発生段階・対応ステージ

新型コロナウイルスや新型インフルエンザがどのように発生し、拡大するか、段階を整理します。
また新たな感染症が登場した場合は以下の通りとは限りませんが、概ね同様の流れとなると考えられます。

ステージ0

未発生期

新型感染症が発生していない状態

ステージ1

海外発生期

海外で新型感染症が発生した状態

ステージ2

国内発生早期

国内のいずれかの都道府県で新型感染症の患者が発生しているが、全ての患者の接触歴を疫学調査で追える状態

ステージ3

国内で患者の接触歴が疫学調査で追えなくなった事例が生じた状態

感染拡大期

各都道府県において入院措置などによる感染拡大防止効果が期待される状態

まん延期

各都道府県において入院措置などによる感染拡大防止効果が十分に得られなくなった状態

回復期

各都道府県においてピークを越えたと判断できる状態

ステージ4

小康期

患者の発生が減少し低い水準でとどまっている状態

段階ごとの対応

会社が講ずる段階ごとの対応計画を予め文書化し、社内に周知させることで、速やかな対応が可能になるだけでなく、従業員の納得と協力が得やすくなります。

ステージ0(未発生期)

  • 情報収集
  • 就業規則を最新の状態に整備
  • 業務分類・事業仕分け・業務改善
  • ワークシェア・多能工化等の推進
  • テレワーク制度の規定作成・試験導入
  • 時差出勤制度の規定作成・試験導入
  • 備蓄品リスト作成・在庫確認・補充
  • 自社内での資金積み立て
  • 資金調達方法・調達先のリスト作成
  • 取引先・非常時の連絡先のリスト作成
  • 多事業展開
  • サービス提供方法の多角化・工夫 等

第一段階:海外発生期

  • 事業所内における感染防止策を開始
  • 必要備品(マスク、消毒薬など)を調達
  • 一般企業は在庫整理、事業所閉鎖、操業停止などの準備を開始
  • 社会機能の維持に関わる企業は、事業継続に向けた準備を開始、必要物資の備蓄を強化 等

第二段階:国内発生早期

  • 事業所内における感染防止策及び従業員の健康管理を強化
  • 従業員に対する感染防止のための生活指導を実施
  • サービス利用者間の感染防止策を強化
  • 不要不急の事業を縮小
  • 人員体制などを変更
  • 関係者へ情報提供 等

第三段階:感染拡大期、まん延期、回復期

  • 事業所内における感染防止策及び従業員の健康管理を最優先レベルに強化
  • 従業員に対する感染防止のための生活指導を強化
  • サービス利用者間の感染防止策をさらに強化
  • 不要不急の事業を休止
  • 人員体制などを変更(テレワーク、時差出勤等の対象を拡大)
  • 関係者へ情報提供 等

第四段階:小康期

  • 事業所内における感染防止策及び従業員の健康管理を継続
  • 必要備品の再調達
  • サービス利用者間の感染防止策を継続
  • 従業員に対する感染防止のための生活指導を継続
  • 不要不急の事業の縮小を継続
  • 取引先企業、協力会社、流通業者などを含めた業務体制立て直し 等

最高段階:感染者発生時等

  • 従業員が感染した段階
  • 顧客や自社施設利用者に感染が確認された段階
  • 自社オフィスが入っているビル・施設に感染者の発生が確認された段階
  • 従業員が業務上または業務外に参加・訪問した施設で感染者の発生が確認された段階
  • 情報収集・報告
  • 発症者にマスクを装着して もらう
  • 空間的隔離を実施
  • 施設からの退出を依頼
  • 病院に搬送
  • 事業所閉鎖・消毒
  • 濃厚接触者の特定と出社停止
  • 情報開示 等

<参考>新型インフルエンザ流行時の専門家会議資料

新型インフルエンザが企業に及ぼす影響
新型インフルエンザが企業に及ぼす影響・推奨される企業の行動

(出典)
中小企業庁「中小企業BCP策定運用指針を用いた新型インフルエンザ対策のための中小企業 BCP(事業継続計画)策定指針

BCPにおける自然災害と新型感染症の違い

地震災害と新型インフルエンザの違い

想定される影響

地震の場合

インフラへの影響

ライフライン
  • 停電が発生し、水道とガスが停止する
  • その後、電気、水道、ガスの順番で復旧する
道路
  • 一部の道路が通行規制となる
  • その他の道路で、渋滞が発生する
情報通信
  • 電話やインターネット等が発生直後は、つながらなくなる
  • その後、ケーブル断線の復旧等により、順次復旧する
鉄道
  • 発生直後は、鉄道の運行が完全に停止する
  • その後、被害の少ない地域から順次再開する

会社への影響

  • 一部の従業員が負傷する
  • 従業員や家族の負傷、交通機関の停止等により、一部の従 業員が出社できなくなる
  • 工場・店舗等の大破・倒壊・浸水
  • 設備・什器類・商品・備品類の移動・転倒・落下・破損
  • 仕入先被災で部品や原材料等が調達できず商品の生産・販売ができなくなる
情報
  • パソコン等の機器類の破損
  • 重要な書類・データ(顧客管理簿、仕入先管理簿、商品の設計図等)が復旧できなくなる
  • 工場の生産停止や従業員の出社率の低下により事業が停止、その間の売上がなくなる
  • 会社の運転資金と建物・設備等の復旧のための資金が必要となる

新型感染症の場合

インフラへの影響

ライフライン
  • 社会機能の維持に関わるライフライン(電気、ガス、水道)は、基本的には、通常どおり使用できるでしょう。
道路
  • 道路に大きな影響はなく、基本的に通常どおりに利用できるでしょう。
情報通信
  • 電話、インターネット等の情報通信手段は、基本的に通常どおり使用できるでしょう。
鉄道
  • 運行本数が減少する可能性があります。
  • 乗客数が制限される可能性があります。

会社への影響

  • 一部の従業員やその家族が新型コロナウイルス等感染症に感染する可能性があります。
  • 約4割の従業員が出社できなくなる可能性があります。
  • 外出や移動の制限、禁止により出社できなくなる可能性があります。
  • テレワークや時差出勤等を導入する必要が出る可能性があります。
物資
  • 物流網の混乱や取引先企業の事業停止により、原材料・部品・商品等の供給が停止する可能性があります。
  • 在庫品が不足する可能性があります。
建物・設備
  • ビルや施設を閉鎖しなければならなくなる可能性があります。
  • ビル、施設やオフィス内を消毒しなければならなくなる可能性があります。
資金
  • 事業が停止し、その間の売上がなくなる可能性があります。
  • 会社の運転資金が必要となる可能性があります。
  • 外出や移動の制限、禁止により売上がなくなる可能性があります。
情報
  • テレワークにより遠隔で情報共有を行うことになる可能性があります。
  • 一部機能の低下の可能性はあるが、基本的には通常どおりに利用できるでしょう。
以上のほか、新型コロナウイルス感染症の流行で見えてきた影響
  • 取引先が事業停止または倒産する可能性があります。
  • 外国人客が激減します。
  • 会社または業界、地域が風評被害を受け売上が減少する可能性があります。

(出典)
中小企業庁 中小企業BCP策定運用指針

感染防止のための備蓄品例

業種や職種等により必要な備品は異なります。
各社でBCPの一環としてご検討ください。
感染拡大期は入手しづらい状況が続きますので、入手できるうちに前もって、また感染が落ち着いてきた頃に、備蓄品を調達しておきましょう。

不織布製マスク (サージカルマスク) 1~2枚/日×出社日数
ゴミ箱、ゴミ袋 フロアごとにゴミ箱1個
消毒薬、石けん 手指消毒製剤、ハンドソープなど
対物用消毒製材 除菌スプレー、除菌シートなど
非接触式体温計 入り口などで入室管理の対象となる人数に応じて
医薬品 胃薬、痛み止めなど
個人防護具一式 N95などの高機能マスク、防護服、ゴム手袋、ゴーグル など
非接触用設備 アクリル板、透明ビニールカーテンなど
非接近用備品 拡声器、インカムなど
在宅勤務用パソコン 在宅勤務予定者数分