労働災害事故・ヒヤリハット防止

海運事業の安全管理体制

知床海難事故を受けて

労働者が安全に働ける環境、制度、仕組みを整えることは企業の義務です。
特に、中高年労働者を雇用する現場では、事故や、身体的健康被害、精神的健康被害が生じやすく、万全の対策が必要です。
安全管理体制を徹底し、労災事故や健康被害を防ぎましょう。

  • 業務改善を実施し長時間労働を解消する
  • 力を要する業務や高所、汚染場所等での業務を減らすため、できる限り機械化を進める
  • 使いやすく安全な工具・機械を揃える
  • 危険度の高い作業や事故の頻発している場面などを分析し、事故防止マニュアルを活用・教育する
  • インシデントレポートを活用・共有する
  • メンタルヘルスケア体制を整える
  • 安全衛生大会を意義あるプログラムにする
  • 介護と仕事の両立や、自分の治療と仕事の両立が可能となる体制を整える
  • 禁煙やメタボ予防などを推奨する

関連記事

【厚労省】11月は「『しわ寄せ』防止キャンペーン月間」です

海運事業の安全管理体制〜知床海難事故を受けて

【厚労省】令和4年度「全国安全週間」を7月に実施

めまい、頭痛、離職… 更年期の影響、初の実態調査へ 厚労省(2022年4月14日 朝日新聞)

デンソー子会社の社員自殺 遺族が損害賠償求め提訴(2022年3月16日 NHK、他)

FIFAワールドカップ2022開催国カタール、外国人労働者の「不自然な自然死」

アステラス製薬社員の自殺 労基署が過労による労災と認定(2022年1月14日 朝日新聞、他)

過労死ライン未満でも労災、労基署が判断見直す 深夜勤務など考慮(2021年12月21日 朝日新聞)

コロナ死の夫の勤務先を妻が提訴 「感染対策怠った」と訴える(2021年9月17日 朝日新聞)

【厚労省】令和2年「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果公表

和歌山最大クラスターの建設現場 70社従事、会議や休憩で密か(毎日新聞)

コロナ禍の建設現場の熱中症対策

医師や看護師の被ばく 3割余りの医療機関で管理徹底されず(NHK)

【厚労省】6月は「STOP!転倒災害プロジェクト」の重点取組期間です

【厚労省】「第10次建設雇用改善計画」策定、告示

高年齢労働者安全衛生対策補助金(エイジフレンドリー補助金)の新設について

働く高齢者の労災防止に関するガイドライン策定について

注意すべきは熱中症だけじゃない!夏季は「感電災害」にもご用心!

職場における熱中症対策

厚生労働省が第三次産業向けの労災防止の動画教材を公開

i-Construction の貫徹に向けた基準類の策定

平成30年は1年を通じて第三次産業の労災が大幅増加~平成31年1月の労災発生状況速報値

「労働者死傷病報告」に外国人の国籍・地域及び在留資格を記入する欄が設けられます

労災死傷者数の大幅増加傾向変わらず~平成30年11月の労災発生状況速報値