ハラスメント行為者指導・教育(加害者更生)研修プログラム

ハラスメント問題が発生し、事実確認調査を経て、被害者への対応と加害者の処分等が完了しても、その後も被害者と行為者(以下、「加害者」とします。)は同じ組織で働き続ける可能性が高いため、関係改善に向けた取組が不可欠です。
また、会社としては、再発防止策の一環として、加害者への「教育」を行わなければなりません。
加害者教育は、被害者が再被害に遭ったり、新たな被害者が生まれたりすることを防ぐことに寄与します。
加害者にとっては、自身の行動・認識・意識・思考等を改め、信用と人間関係を回復し、居場所と未来を守るための「支援」「救済措置」となります。

パワハラ・セクハラ等ハラスメント加害者更生(行為者教育)個別研修プログラムは回復への支援である

加害者の多くは、無意識的に無自覚でハラスメント行為をしているもので、「加害者」とされても納得できず、行為者もまたメンタル不全に陥ります。
ただ「駄目」とするだけでなく、「なぜ駄目なのか」を認識し、納得したうえでの行動変容が必要です。

パワハラを「した」経験

パワハラを「した」ことに対する勤務先の対応

パワハラをしたことへの勤務先の対応に対する納得度

加害者更生(行為者指導・教育)プログラムは、加害者への継続的な個別研修と相談対応を実施するサービスです。

加害者更生(行為者指導・教育)プログラムの必要性が増した背景

かつては、軽微なハラスメントは泣き寝入りされ、重大な事案のみが表面化していたため、加害者を解雇して終了となるケースが多くありました。
あるいは、労働者保護の意識が現在ほどは高くなかったため、就業規則の定めに関わらず、加害者を解雇してしまっていたケースもあったでしょう。

しかし現在は、「バカと言われた」などの、数年前までは問題にならなかったような被害の声も漏らさず拾われるようになったため、解雇未満の処分も増大し、被害者と加害者が同じ職場で働き続けるケースが多くなったことから、「加害者への指導・教育」の必要性が増しました。

以前

パワハラ・セクハラ等ハラスメント加害者更生(行為者教育)個別研修プログラムが必要な理由2

↓↓↓

現在

パワハラ・セクハラ等ハラスメント加害者更生(行為者教育)個別研修プログラムが必要な理由3

当社のプログラム

「あなたからハラスメントを受けたとの訴えがあった」と突きつけられて、「そうですか、ごめんなさい」と素直に認める加害者はほぼいません。
「そんなつもりじゃなかった」
「相手が悪い」
「みんなもやっている」
「そんなことはしていない」
と、否定し、責任から逃げ、被害者を非難します。
処分後の段階になっても、納得はできていないものです。
ゆえに、「認識を刷新してもらう」機会が必要で、個別研修が有効です。

研修内容例

パワハラ・セクハラ等ハラスメント加害者更生(行為者教育)個別研修プログラムに組み込むべき事項の例

  • ハラスメントに該当し得る行為
  • 何が問題だったのか
  • 被害者の心情と反応
  • 被害者に起こり得る心身への影響
  • 加害者自身や周囲への影響
  • 再発防止のための心がけ、等

加害者の不安にも寄り添います

加害者にも悩みを吐露する場が必要です。以下のようなお悩みに相談対応します。

  • 指導の仕方がわからない
  • どのようにコミュニケーションを取るべきか
  • 働きづらく、生きづらい、等

加害者は、孤独に陥り、絶望します。
「会社はあなたのことを見捨てていない」と示すことは、加害者に更生の動機を与え、有意義です。

ご依頼から実施まで(例)

最初の「事前面談」の後、発生した事案の内容、行為者の意識や性格、ご予算等により、内容、実施時間と回数、参加メンバー等を検討しご提案いたします。
ハラスメント加害者更生・行為者改善・教育プログラム

1回のみ〜3回超も可能です

回数は、1回のみから3回超で調整できます。

ご予算に合わせて組み立てます

回数、時間数、期間等を、ご予算に合わせて調整できます。

社内対応へのアドバイスも可能です

個別研修自体は社内の人事担当者様やトップの方が担当されるという場合に、実施方法や内容等のアドバイスをさせていただきます。

事案の内容

  • パワーハラスメント(パワハラ)
  • セクシュアルハラスメント(セクハラ)
  • ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)
  • マタニティハラスメント(マタハラ)
  • ケアハラスメント(ケアハラ)
  • アカデミックハラスメント(アカハラ)
  • 就活ハラスメント
  • レイシャルハラスメント
  • その他、ハラスメントやいじめ、人権侵害全般

加害者更生(行為者指導・教育)プログラム研修プログラムの効果

これまで実施したプログラムの対象者様は、プログラム終了後一年以上経過後も、再発なく就業を継続できています。

Aさん:パワハラ行為者となり、「口頭注意+研修プログラム受講」の指示を受け受講。加害者とされた当初は、不安で眠れない日が続き体調を崩していたが、第1回の研修実施から、少しずつ落ち着きを取り戻し、体調も回復。同僚や部下たちの協力もあり、円滑なコミュニケーションがとれるようになった。現在は明るく、面倒見の良い上司になっている。
Bさん:セクハラ行為者となり、「減給処分+研修プログラム受講」の指示を受け受講。加害者とされた当初は、なぜ自分の行為が罰せられるのか納得できずにいたが、被害者の心境と反応の関連性や、時代の変化などの理解を促し、他者との距離感を掴んだ。周囲の反応が好意的になったことで、「改善後の行動」を続けるモチベーションとなっている。

記事「リーダーの睡眠不足がパワハラの元凶!?上司は睡眠を重視せよ!!」

記事「ハラスメントとDE&I〜加害者更生のために」

ケンズプロへのお問い合わせ
料金表
finger-2956974_1920
ケンズプロがサポートします
お問い合わせ・ご依頼・ご相談
technology-3378259_1920
料金表
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
finger-2956974_1920
technology-3378259_1920
previous arrow
next arrow
Shadow

Tips

大学生向け「就活セクハラ対処法」〜就活中にセクハラを受けたら、受けないために。

パワハラ・セクハラ等ハラスメント加害者更生の進め方

ハラスメントの加害者が失うもの〜加害者になってしまったら

ハラスメントとDE&I〜加害者更生のために

若者の飲酒習慣は?忘年会シーズンを迎えて

リーダーの睡眠不足がパワハラの元凶!?上司は睡眠を重視せよ!!

カスハラ(カスタマーハラスメント)の実態〜厚生労働省調査から

権利主張社員が増える!?ハラスメント対策を進める上での懸念とその解消

スイスチーズモデル

パワハラとは?6つの行為類型とポイント

ハラスメントを受けていると感じたら/被害を受けたら

ハラスメントを目撃したら・仲間が被害を受けていたら