ワーク・スリープ・バランス(WSB)

ワーク・スリープ・バランスの重要性

睡眠は、海外ではその重要性に関する研究が進み重要視されていますが、日本は、睡眠時間を犠牲にして成果を上げることが推奨されていたモーレツ主義からいまだ抜け出せず、他国と比較して労働時間は長く、睡眠時間は短く、ぼんやりし始めた脳にカフェインを注ぎながら、日々納期に追われる働き方を続けています。
睡眠不足は、生産性を低下させるばかりでなく、重大なミスや事故を引き起こしたり、他者に攻撃的になったりするリスクを高めます。
そのリスクは、人の命も、企業の存続をも揺るがし得る時限爆弾です。
では、1時間長く、眠ってみてはいかがでしょうか。
質量ともに十分な睡眠を確保することで、社員のパフォーマンスが上がり、結果、企業業績も上がります。
個人も、心身の健康の維持増進というメリットを享受できます。ワーク・スリープ・バランスは、ウェルビーイング経営の一環として重要です。
睡眠は、「怠慢」ではなく、人生を豊かにするための「権利」であり、仕事人としての「責任」です。

厚生労働省『健康づくりのための睡眠指針2014~睡眠12箇条~

  1. 良い睡眠で、からだもこころも健康に。
  2. 適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。
  3. 良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。
  4. 睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
  5. 年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。
  6. 良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
  7. 若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
  8. 勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。
  9. 熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。
  10. 眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。
  11. いつもと違う睡眠には、要注意。
  12. 眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000047221.pdf

▼睡眠不足が日本にもたらす経済的損失

記事「睡眠時間と生産性の相関関係〜睡眠不足で15兆円」

▼睡眠不足で仕事をする危険性

記事「睡眠不足は酔っぱらい状態!?不十分な睡眠で仕事をしてはいけない理由」

▼睡眠不足リーダーがパワハラを引き起こす

記事「リーダーの睡眠不足がパワハラの元凶!?上司は睡眠を重視せよ!!」

▼睡眠と健康の関係性

記事「生活習慣が睡眠不足を招き、死を招く」

▼リーダーや働く個々人の心がけ

記事「量質ともに十分な睡眠を取るために個人が心がけるべきこと」

▼企業が取り組むべきこと

ワーク・スリープ・バランス推進策/当社のコンサルティング