ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)とは

ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)とは

ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)とは、性別に関する固定観念や、性別に基づく役割分担意識に基づく差別や嫌がらせのことを指します。

男性は体力があり、仕事一筋で、重要な業務を担う能力がある、
女性は体力がなく、重要な業務を担う能力がなく、結婚が幸せの全てであり、家事や育児に専念すべきである、
という固定観念で決めつけることから、ジェンダーハラスメントに該当する言動が生まれ、それにより受け手が不快感を抱いたり、就業環境を害されたり、昇進や教育の機会を奪われたりします。

大きくはセクハラに分類されていますが、セクハラのうち「性的」ではない言動はジェンハラに小分類されます。

例)

  • 「男のくせに」「女のくせに」「男らしく」「女らしく」等の言葉を用いる
  • 男性は論理的、女性は感情的等と決めつける
  • 「男なら泣くな」「男なら残業しろ」「男なら耐えろ」等と男性に強さを要求する。男性にのみ力仕事や残業を命じる
  • 甘い物やピンク色を好む男性を冷やかす
  • 「強い女は扱いづらい」「女は三歩下がって」「女なら黙って支えていろ」等と女性に弱さや補助役を強いる。女性にばかり電話応対やお茶汲み、掃除等の雑務を命じる
  • 重要な意思決定を行う会議には女性を入れないが、宴会には女性の参加を義務とする
  • 男性には重要な業務を任せるが、女性には雑務しかさせない。しかし重要な顧客の対応には女性を同席させる
  • 優秀な女性を「性転換」「おとこおんな」「可愛くない」等の言葉で下落させようとする
  • 「男の淹れたお茶はまずい、飲めない」「お茶は女の子に淹れてもらいたい」等と発言する
  • 「早く結婚したら?」「女の幸せは結婚だろ」「子どもはまだか」等と結婚や子どもについて言及する
  • 「男なら家庭より仕事を優先しろ」「女なら仕事より家事や育児を優先しろ」等と発言する
  • 男性が子どものために休んだり定時で退社したりすると、「情けない」「尻に敷かれているね」「男らしくない」等と嫌味を言う
  • 子どものいる女性が働いていると「子どもが可哀想」「母親失格」「家庭に入るべき」等と嫌味を言う
  • 未婚の女性に対し「生き遅れ」「売れ残り」などと言う
  • 一定年齢に達した女性に寿退社を促す
  • 若い女性を「お嬢さん」「女の子」「小娘」等と、一定年齢に達した女性を「奥さん」「おばさん」等と呼ぶ
  • 若い男性を「男の子」「坊ちゃん」等と、一定年齢に達した男性を「おじさん」等と呼ぶ
  • 男性は「さん」付けや役職で呼ぶのに、女性は「ちゃん」付けや下の名前で呼ぶ
  • 容姿や化粧、服装について不必要に意見や感想を言う
  • 宴会では役員や顧客の隣に、その者の異性を座らせる、などなど・・・

ジェンダーハラスメントが起こりやすい職場の特徴

セクハラが起こりやすい職場では、ジェンハラも起こりやすいと考えられます。
以下のリストでチェックしてみてください。

▼システムの都合上企業名を入力していただくことになっていますが、企業名、診断結果ともに当社には届きませんので、ご安心ください。偽名でも差し支えございません。

職場のセクハラリスクをチェック

問1 : 古い体質の職場だと感じる
問2 : 男性又は女性、どちらかの性別の労働者が多く、性別が偏っている
問3 : お茶くみやコピー、電話対応や来客応対などは女性労働者のみが行っている、または女性の仕事という雰囲気がある
問4 : 重要な会議には女性労働者が出席させらることはないのに、社の飲み会には女性の参加が半強制的になっているている
問5 : 飲み会の席では、社長や部長などの隣にはその異性の部下が座ることが決められている
問6 : 男性にばかり厳しい。「男なら残業すべき」「男なら過酷な仕事に耐えるべき」という風潮がある
問7 : 男の子、女の子、おじさん、おばさん、と労働者を呼ぶことがある
問8 : 女性の多くは30代半ばで退職するか、結婚したら退職するという慣習があり、「寿退社」が女性労働者の花道という雰囲気である
問9 : 女性の昇進には男性よりもハードルが高く設定されていたり、給与に格差があったりする
問10 : 産休、育児休業などの体制が整っておらず、子どもが生まれたら退職すべきという風土があったり、子どものために休むと嫌味を言われたり、男性が育休を取ると評価や昇進で不利になったりする

企業が講ずるべきジェンハラ対策

性別に関する「思い込み」「先入観」「固定観念」からジェンダーハラスメントは生まれます。
しかし生物学的には異なる性であっても、業務を遂行する上でその能力に差異はありません。
能力の高低も、性格も、価値観も、生き方も、性差ではなく「個人差」です。
「男らしさ」「女らしさ」「普通」等の物差しは無意味です。
先入観を取り払い、一緒に働く仲間を性別で括るのではなく個人として尊重し理解することの必要性と大切さを、研修や冊子、ポスター等により周知徹底を図りましょう。
性別だけでなく、性的指向、年齢、障害の有無、人種、国籍、信仰等に関しても差別し誹謗中傷する言動を会社として禁ずる方針を明示しましょう。

日本国憲法第14条
すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

具体的な「7つの対策」を見る