人材確保のための知名度アップ作戦!

会社や業界の存在を知ってもらい、名前を覚えてもらうのに必要なのは、持続的な露出です。
ウェブ、紙媒体、看板、メディアなどを活用し、ターゲットが目にする機会を積み重ねることです。

人は、3回以上見聞きした情報に親近感や安心感を覚えます。
例えば高校生がターゲットなら、高校生が3回以上目にする場所に会社名を出すのが有効です。

Web

実際に人材を募集する段階になれば、求人情報サイトを活用するのが一般的ですが、募集中だけでなく、日常的な企業PRが必要です。
いざ募集というときに、急に知名度を上げることは難しいためです。
日常的な企業PR方法としては、コーポレートサイト(会社のホームページ)やSNSなどの活用があります。
ウェブは紙媒体よりも、広く周知したり更新したりするのに優れています。

コーポレートサイト

会社のホームページがないのは存在していないも同然、というほど、いまや必須のツールです。
求職者がどこで貴社の名前を見たとしても、気になった方は必ずコーポレートサイトを探し、見に来ます。
そのときコーポレートサイトがなければ、「情報がないならやめておこう」と候補から外れてしまいます。
高額な費用をかけなくても最低限のサイトは廉価でできますし、業者選びを間違えなければ、費用をかければそれだけの効果が期待できます。
もしもコーポレートサイトがない事業者様は早急に作成なさってください。
ホームページは、掲載する文字や写真、動画などの情報量の制限がありませんし、デザイン、レイアウトも自由にできるため、ブランディングとして取り組むべき第一歩、基本の舞台です。

SNS

TwitterやFacebook、Instagram、LINEなどのSNSも、ホームページと合わせて活用しましょう。
ホームページには概ね貴社の存在を知っている方しか訪れませんが、SNSは、ハッシュタグなどを活用することで、未知の領域に自社の名を流すことができます。
特に、ものづくりに携わっている事業者様は、「写真映え」しますので、Instagramは最低限ご用意ください。
アカウントがあるのに更新が止まっているのが最も悪印象です。
最低でも週に1回以上は更新し、たとえ初期には「いいね」やフォローなどの反応がなくても、続けることが大切です。
SNSは無料で利用できるものが多いのが特徴です。ご活用ください。

紙媒体

「配布性」に優れているのが、会社案内や求人冊子などの紙媒体です。

  • 会社案内
  • 求人冊子
  • 新聞広告
  • 雑誌広告
  • チラシ
  • ポスター

冊子を高校や大学に配布したり、お問い合わせのあった求職者に手渡したり送ったり、ご近所のお店に置かせてもらったり・・・というアナログなPRには、ウェブにはない利便性や温度があります。
紙質や文字の体裁、写真など、デザインにこだわると、受け取った方が「おっ」と反応してくれます。

【参考】趣味雑誌に広告
都心には働き手が多数いますが、海や山に囲まれた地方では、そもそも若い住民を見つけることも難しく、絶対数が少ない中から自社で働いてくれる人材を発掘するのはさらに困難を極めます。
そこで、例えば海沿いの町であれば、「毎日サーフィンができます」「釣り三昧です」と添えて、サーフィンや釣りの雑誌に求人広告を出してみる、という方法で人材確保に成功した事例があります。
日高地方なら、「毎日馬を愛でることができます」と競馬雑誌に掲載したり、競馬場でPRしたり、乗馬クラブにポスターを貼ったりというのも有効かもしれません。

その他

とにかく露出を増やし、会社名を覚えてもらい、業界のことを知ってもらいましょう。

  • ハローワーク
  • 人材紹介会社
  • ポスティング
  • 合同説明会
  • チカホ
  • 社用車
  • 社員の紹介
  • 体験授業
  • ご近所イベント
  • 地域貢献(安全パトロールやゴミ拾い、炊き出しなど)
ご近所イベントのススメ
自社ビルに入っている事業者様は、軒先イベントを企画してみませんか?
企業は地元住民に嫌われてしまったら存続できません。
地元の方々から支持され、「あの会社いいよ」と口コミを広めてもらえるように、地域に貢献しましょう。
また、子どものうちから業界の仕事に触れる機会があると、大人になったときに、仕事の選択肢に入れてもらえるかもしれません。
イベントの企画、実施は当社がお手伝いします。

  • たこ焼きや焼きそば、ヨーヨーすくいなどの出店で小さなお祭り
  • 地元の農家さんのご協力を得てミニマルシェ
  • 夏休みの自由研究のお手伝い(ミニチュアハウスや犬小屋などの大工仕事を子どもたちに教える)
  • 自治体と協力して、まちづくり体験会(設計図や模型をつくって子どもたちにアイディアを出してもらう、良い案は実現も!)