職場のパワハラ(パワーハラスメント)防止研修

共通認識を持つことが大切

ハラスメントや倫理違反は、人それぞれで認識にギャップがあるために起きてしまうものです。
Aさんにとってはセクハラでも、Bさんにとってはコミュニケーションだったり、Cさんにとっては必要な指導でも、Dさんにとってはパワハラと感じられたり・・・
自分にとっての「常識」が他人にとっては「非常識」だったり・・・
こうしたズレを少しでも埋めるには、パワハラとは?してはいけない行為とは?加害行為をしたらどんな罰を受けるの?被害を受けたらどうすればいい?など、認識を社内で共有しておくことが非常に重要で有効です。

指導?パワハラ?

パワハラは、「指導との境界線がわからない」ことが、防止や解決を難しくしています。
明確に示されているものではありませんが、心得ておけば確率を大幅に減らせる「考え方」はあります。
パワハラと言われない指導のポイントをご紹介します。

萎縮しないパワハラ対策

パワハラと言われることを恐れるあまり、上司が萎縮してしまい、必要な指導まで差し控える場面が多くなっています。
安全や経営のため、必要な指導は、毅然となされなければなりません。
「パワハラにならないように」と意識しすぎたり、パワハラ行為リストを覚えたりすることよりも、人として最低限守るべき道徳(モラル)を守ること、そしてモラルある心地よいコミュニケーションを活性化させることが、職場の風通しを良くし、パワハラ防止にも近道になります。
社員みんなで取り組むべき「萎縮しないパワハラ対策」を解説します。

指導?パワハラ?される側の心がけ

パワハラを受けたと感じた場合の対処法・行動や、目撃した方がすべきことなどを解説します。
上司が怖い、パワハラじゃないか、いや自分が悪いのかな?・・・指導またはパワハラを受ける側のモヤモヤを解消する考え方もご紹介します。
また、上司や年配者の心情、厳しい物言いになってしまう理由・背景・歴史などに触れ、部下の方々からも、寛大な心で上司の皆様へ歩み寄っていただけるようお話しします。

パワハラ研修プログラム例

  • パワハラとは
  • パワハラによる影響(被害者・加害者・会社・組織)
  • パワハラと教育的指導の境界線〜パワハラにならない指導法のポイント
  • パワハラの加害者にならないために
  • パワハラの被害を受けたら
  • 職場でパワハラ問題が生じたら
  • パワハラの相談を受けたら

料金・ご依頼等

  • パワハラだけでなく、セクハラやマタハラ、ジェンハラなど、多様なハラスメントを組み合わせて研修することが可能です。
  • 管理職・一般社員・人事担当者・新入社員等、対象者を属性別に区分して研修することが可能です。

料金・ご依頼方法等はこちらをご確認ください