女性従業員の健康課題への対応

健康経営:女性従業員の健康課題への対応

企業に求められる対応と弊社のサポートメニュー

健康経営を推奨する経済産業省の調査によると、「女性従業員の約5割が女性特有の健康課題などにより職場で困った経験がある」と回答し、「女性特有の健康課題などにより職場であきらめなくてはならないと感じた事」がある女性の割合は4割を超えています。また、女性従業員が会社に求める女性特有の健康課題や症状、妊娠・出産・妊活等におけるサポートとして、「会社による業務分担・適切な人員配置」や、「両立のための休暇制度や柔軟な勤務形態等のサポート」、「上司等部署内コミュニケーション」が多く挙げられています。男性経営者や管理職、女性従業員の少ない職場では対応の難しいこれらの課題について、就業規則や規程の整備、相談窓口の代行(外部相談窓口)、社内研修の実施や社内パンフレットの作成・配布等による対応をサポートいたします。

女性の健康支援関連の取り組み

  • 生理休暇
  • 女性特有のがん検診受診の促進
  • 妊婦健診など母性健康管理のためのサポート
  • がん治療通院のための休暇休職制度
  • 不妊治療通院のための休暇(時間有給、短時間勤務など)休職制度
  • 女性特有の健康課題や女性に多く現れる症状などに対する健康相談窓口の設置
  • 不妊治療通院と仕事を両立するための柔軟な勤務形態の整備
  • がん治療通院と仕事を両立するための柔軟な勤務形態の整備
  • 女性特有の健康課題や女性に多く現れる症状に関する社員向けセミナー啓発など
  • がん復帰後のサポート(業務上の配慮や精神上のサポートなど)
  • 女性のがん治療を受ける従業員サポートに関する理解促進
  • 不妊治療を受ける従業員サポートに関する理解促進
  • 婦人科医など専門医と連携しアドバイスや医療機関紹介等のサポート

ワークライフバランス関連の取り組み

  • 出産育児休暇や短時間勤務など仕事と両立を図るための支援
  • 時短勤務やフレックス、時間有給など時間的勤務形態の多様化
  • 家族の病気や介護による休暇・仕事との両立を図るための支援
  • 休暇を取得しやすくするための仕組み
  • ワークライフバランスやライフプランニングに関する研修
  • テレワークや在宅勤務など場所的勤務形態の多様化
  • 外国で勤務する配偶者と外国において生活を共にするための休暇制度