テレワークの効果・効用

企業経営にとっての効果・効用

  • 業務の生産性・効率性の向上
  • 組織のプロ集団化
  • 優秀な人材の確保
  • 人材の活用
  • 営業効率の向上・顧客満足度の向上
  • コストの削減(オフィススペース、通勤費等)
  • ペーパーレス化
  • 災害時の事業継続性(Business Continuity)の確保
  • 企業の構造改革のための戦略
  • 企業イメージの向上
  • 次世代育成支援対策推進法への対応

テレワーク・在宅勤務制度の導入目的・効果

オフィスワーカーにとっての効果・効用

  • ワークライフバランスの実現
  • 育児・介護との両立による就労確保
  • 仕事の生産性・効率性の向上
  • 通勤による疲労の軽減
  • 地域コミュニティへの参加機会増加
  • 子どもの地域における安全の確保
  • 住む場所についての選択肢の拡大

社会にとっての効果・効用

テレワークは、持続可能な社会を作っていくために必要な効果・効用を果たします。

  • 交通量の削減と混雑緩和
  • 地球環境負荷の軽減
  • 女性・高齢者・障害者などの就業促進
  • 大都市の防災機能の向上
  • 地方における就業機会の増加等による地域活性化