尊重される社会を。

男女平等・機会均等の促進、セクハラ根絶、女性に対する暴力根絶・・・
ガラスの天井を打ち破る力を、女性に。
女性が働くこと、管理職になること、総理大臣になることが当たり前の日本を目指して。

セクハラ・賃金格差・機会格差・性暴力等根絶を目指して。女性が軽んじられない社会を。

ビジョン

女性が優遇されること、輝くことを目指してはいません。
女性が働くこと、リーダーになること、男性が家事や育児をすることが、「当たり前」という価値観が社会に根付くことを目指しています。
女性であること、男性であることを理由に、選択肢やチャンスを奪われることなく、存在や能力や個性が個人として尊重され生かすことのできる、平等な社会を目指しています。
それは、すべての女の子が、何事も成し遂げる資格を持っていると、何者にもなれる権利を持っていると、自信を持って大人の女性に成長できる世界です。

コロナ禍で

新型コロナウイルスの流行で、女性を取り巻く環境は厳しさを増し、せっかく進んでいたダイバーシティはコロナ前よりも後退してしまったように感じます。
性犯罪、望まない妊娠、DV、世界を見れば売春、人身売買等も増えています。
生きづらさ、息苦しさが深刻化し、若い女性の自死が急増しています。
この閉塞感を打開すべく、行動を起こします。

信念

10年前と比べれば、ずいぶん働きやすくなったと、感じていました。
ところがある程度のところまで到達してみると、何かにぶつかることに気付きました。
「女性の活躍を」「女性が輝く社会を」という男性たちの言葉の裏には、「上に立つな、前に出るな」という前提が存在していると、気づいたのです。
高く頑丈な、ガラスの天井、ガラスの壁が存在しているのです。
ヒラリー・クリントン氏の力を持ってしても、それを打ち破ることはできませんでした。
日本を覆うガラスは、アメリカのそれよりもさらに強固にできています。

でも私たちは諦めません。
近い未来に、必ず、スルリと通り抜けてみせましょう。

女性の地位が上がり、男性の支配から抜け出せば、女性への性犯罪や暴力も減らせるかもしれません。
私たちは男性の支配を受けません。
私たち自身の安全を守るためにも、私たちは上に上がらなければなりません。

この発信は、信念を実現するための、自発的なアクションです。
ご賛同いただける企業様や、個人の皆さまとともに、活動してまいります。

株式会社ケンズプロ 代表 新田和代

セクハラ・賃金格差・機会格差・DV・性暴力等根絶を目指して。女性が軽んじられない社会を。

女性のエンパワーメント原則(WEPs)

女性のエンパワーメント原則(Women's Empowerment Principles、以下「WEPs」という)は、2010年3月に、国連と企業の自主的な盟約の枠組みである国連グローバル・コンパクト(GC)と国連婦人開発基金(UNIFEM)(現UN Women)が共同で作成したもので、企業がジェンダー平等と女性のエンパワーメントを経営の核に位置付けて自主的に取り組むことで、企業活動の活力と成長の促進を目指して、女性の経済的エンパワーメントを推進する国際的な原則として活用されることが期待されています。

女性のエンパワーメント原則(WEPs)

1)トップのリーダーシップによるジェンダー平等の促進
2)機会の均等、インクルージョン、差別の撤廃
3)健康、安全、暴力の撤廃
4)教育と研修
5)事業開発、サプライチェーン、マーケティング活動
6)地域におけるリーダーシップと参画
7)透明性、成果の測定、報告
(内閣府仮訳)

▼男女共同参画推進連携会議「国際的に連携した女性のエンパワーメント促進」チームによるわかりやすい解説リーフレット
http://www.gender.go.jp/international/int_un_kaigi/int_weps/pdf/WEPsleaflet.pdf

当社は、これら7原則の促進のため、企業及び社会への提言を行います。

セクハラ・賃金格差・機会格差・DV・性暴力等根絶を目指して。女性が軽んじられない社会を。

女性のエンパワーメント原則(WEPs)

男性の家事・育児・介護参加・イクメン

パートナー企業を募集しています

男女平等や暴力根絶等に積極的に取り組まれている企業、団体、組織のご賛同を募集しています。
パートナー企業としてロゴバナーを貼りPRさせていただきます。