建設産業改革
PlayPause
Slider

建設産業の採用・育成・定着

建設・設計業界で働くことの社会的評価を高め、建設・設計業界で働く方々の生涯価値を向上させることをミッションとしています。

建設業を取り巻く状況

建設業の就業者は減少傾向にあり、また高齢化も進み、若手人材の不足は建設産業の未来に暗い影を落としています。
若手の担い手を確保するには、少子高齢化対策などの社会全体の課題解決はもちろんのこと、建設産業特有の3Kイメージ・ブラックイメージを改革することが急務です。
建設業の高齢化傾向

下表をご覧いただきますと、建設業に触れる機会のある若者は、建設業に対して悪いイメージよりも良いイメージを持つ傾向にあることがわかります。
学生や子どものうちから、出張授業や現場体験会などにより建設業に触れる機会をつくり、ものづくりの魅力や自分の関わった建設物が後世に残る喜びなどを伝える努力を続けることが、担い手確保に有効と考えられます。

学生(工業高校3年生)の建設業に対するイメージ

建設業に触れる機会あり 建設業に触れる機会なし
  1. 物をつくる喜びがある
  2. 建設物が後世に残る
  3. 地域社会や人の役に立つ
  4. スケールが大きい仕事
  5. 将来発展しそう
  1. 物をつくる喜びがある
  2. 肉体労働・汚れ作業等が多い
  3. 危険作業や事故が多い
  4. 将来発展しそう
  5. 建設物が後世に残る

(資料出所)
国土交通政策研究所「国土交通分野の将来見通しと人材戦略に関する調査研究」(調査期間:平成28 年12月~29年1月)
注)全国の工業高校(263 校)の土木建築系学科の3年生が調査対象。
注)「建設業に触れる機会」とは、建設会社社員などによる出張授業、現場実習、 現場見学会、インターンシップ等を指す。

【参考】新規高校卒業就職者の3年以内の離職率の推移

建設業は、他産業と比べ、若手人材の離職率が高くなっています。
【参考】新規高校卒業就職者の3年以内の離職率の推移

【参考】 建設業離職者(離職時若年層)が建設業での仕事を辞めた一番の理由

建設業の離職理由としては、「雇用や収入の不安定さ」が挙げられています。

  1. 雇用が不安定である
  2. 遠方の作業場が多い
  3. 休みがとりづらい
  4. 労働に対して賃金が低い
  5. 作業に危険が伴う
  6. 将来のキャリアアップの道筋が描けない
  7. ひと月の仕事量によって賃金額が変動する

(資料出所)
厚生労働省「雇用管理現状把握実態調査(2014年度)」より国土交通省作成資料を改変

担い手確保のために必要な対策

上述の通り、若い世代に建設業の魅力に触れてもらう機会を積極的につくり、イメージアップPRを図ることが大切です。
また、イメージに実態が伴っていなければ無意味ですので、長時間労働やパワーハラスメント、危険労働等のリスクを低減する働き方改革も不可欠です。
生産性向上や業務改善による省工化・省人化も急務です。

建設業の人材不足対策・担い手確保・人材確保・採用のために必要な対策

好事例 動画編

北土建設株式会社様
働く方々の声や、入社後のキャリアアップ、社長のご挨拶など、PR要素が取りこぼしなくたっぷりと、バランスよく、5分間の動画に濃縮されています。

好事例 ウェブサイト編

株式会社中川建設様
森林の美しい中川町の景観にとけ込んだグリーンベースのデザインから、地域に密着し社会に貢献する企業理念が伝わります。
社員さんや現場の写真がふんだんに掲載され、社内の雰囲気や入社後の働き方をイメージでき、就職を検討している方々に安心感を与える採用情報ページです。
企業のことだけでなく、自然豊かな中川町の魅力も写真付きで発信されています。

北海道中川町 中川建設様

北海道中川町 中川建設様

好事例 冊子編

株式会社構研エンジニアリング様
道路・橋梁・防災・河川・環境・地質調査の建設コンサルタント、株式会社構研エンジニアリング様は、冊子を活用されています。

構研エンジニアリング様 採用ブランディング事例 会社案内冊子

構研エンジニアリング様 採用ブランディング事例 会社案内冊子

北海道建設部建設管理課様「建設産業情報発信・育成方法習得研修会」 (令和2年度)

建設産業セミナー

北海道建設部様主催:
「(TouTube配信)建設産業情報発信・育成方法習得研修会」

建設産業関連の講演・メディア掲載等