経営・人事コンサルティング

ハラスメント、人材不足、過重労働、法令違反等、経営・雇用には常に労務リスクがついて回ります。ケンズプロは、企業を取り巻くあらゆる危機の予防と解消、発生時対応をサポートしています。

設計・建設業 建設産業の働き方改革・担い手確保
建設・設計産業
担い手不足が深刻な建設産業の3Kイメージを払拭し採用・育成・定着を促進する対策措置をサポートします。建設産業に特化したコンサルティング会社としては道内随一の実績を誇り、業界団体様と連携し、採用ブランディング・PR、パワハラ対策、働き方改革を推進しています。

医療従事者・医師・看護師・病院の働き方改革・ハラスメント改革
医療従事者・病院
病院や調剤薬局で働く医療技術者及び事務職員の皆様の働き方を改善し、担い手確保、過労等労災事故予防等を支援します。また、インシデントレポートの活用やハラスメント防止策による職場コミュニケーションの活性化、組織編成の見直し等により、医療事故の予防及び再発防止策をご提案します。

大学・学校教職員の働き方改革・ハラスメント防止策・アカハラ防止策
大学・小中高の学校教職員
大学を始め、小学校・中学校・高校で働く教職員の皆様の長時間労働を、業務改善、アウトソーシングの活用等により改善し、またセクハラ・パワハラ・アカハラ対策を講じ、教える側も学ぶ側も健やかな心身で教育現場が維持されるよう支援します。

ハラスメント(パワハラ・セクハラ)防止対策

ハラスメントは、個人の問題ではなく、被害者のみならず他の社員にも甚大な悪影響を与え、職場全体の士気低下、企業全体の業績悪化をももたらし得る「会社の問題」「組織の問題」です。
職場にパワハラ体質があると、社員が委縮し育たないだけでなく、せっかく採用した人材が離職してしまいいつまでも組織が未熟なままになります。
人材が定着しない組織は取引先や顧客、求職者からの信頼を得られません。
パワハラ対策を強化し、人材の育成と定着を促進しましょう。
また、セクハラやマタハラは、主に女性の採用・育成・定着を阻害します。
多用な人材が活躍する強く成熟した組織を築くため、セクハラ対策にも取り組みましょう。
社内アンケート・面談の実施、社内研修の実施、社内報・ルールブックの作成、就業規則の整備、相談窓口の整備等によるハラスメント対策を提案します。

人材確保対策(採用・育成・定着促進)

2018年、人手不足に関連する企業倒産件数が過去最高に達しました。人口減少、家族構成や学校教育の変化、IT化などに起因する、人材の量的な不足、質的な変容への対応に、多くの企業が苦慮しています。量の不足は質の低下に直結し、従業員による不祥事、業務ミス、ハラスメント、業績悪化等の経営危機を招きます。人材獲得競争に勝利するための採用戦略はもちろんのこと、人口が減少する中、少ない人員・短い労働時間で業務を滞りなく遂行していけるよう、生産性を高めていくための工夫も必要です。
人材の採用から育成、定着までを一連の人材不足対策とし、採用計画策定、求人広告企画・デザイン、面接官トレーニング、イベント企画、プロモーション強化等を支援します。

安全衛生対策

長時間労働や業務上のストレス、危険業務等により社員が健康を害したり負傷したりすることは、企業にとって最も身近な労務リスクの一つです。
業務改善、現場環境改善、インシデントレポートの導入、就業規則の改定等による安全衛生対策を提案します。

災害等緊急事態発生時対策

近年急増している自然災害や、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく事業継続計画(BCP)の策定を支援します。

「我が社は大丈夫」と気を緩めず、「明日は我が身」と危機感を持ち、企業の存続と発展を直接左右する重大案件として、喫緊にコンプライアンス対策を講じましょう。

弊社は、全道の民間企業様や官公庁、市町村役場様で、パワハラ・セクハラ防止研修、倫理研修(モラル研修)及び社内調査・再発防止、相談窓口代行、就業規則見直し、社内パンフレット作成等のハラスメント防止コンサルティングを行っております。
表面的ではない問題の根本を捉える広く深い支援により、労務リスクから企業と経営者の皆さまをお守りします。

日本の管理職を救います

働き方改革、ハラスメント防止措置が企業に求められ、対応を担う管理職の皆様は、「人手不足で多忙だが残業をさせてはならない」「指導法や言葉一つを間違えばすぐにハラスメントと言われる」という現状に苦悩しています。心理的負担が増し心の健康を害される方が今後は一層増えることが予想されます。
ケンズプロは、責務を果たされる経営者や管理職の皆様に寄り添い、円滑で効果的な指導、育成をお手伝いします。
指導方法や部下とのコミュニケーションの取り方、指導記録の導入等についてご相談に応じ、アドバイスさせていただく他、特定の事案について指導計画の策定支援を行います。

Access

株式会社ケンズプロ
〒060-0062 札幌市中央区南2条西6丁目14番地 大友ビル7F
電話:011-213-0183
Eメール:info@kens-pro.com


札幌地下鉄大通駅1番出口より徒歩5分

the President

photo
代表取締役
(社会保険労務士・行政書士)
新田 和代/Kazuyo Nitta

お気軽にお問い合わせください。

KEN's Specialists

当社と提携している専門家や技術者と、専門家・技術者の力を必要とする企業様とをおつなぎします。
また、取材や講演のご依頼なども当社で承り、おつなぎいたします。