就業規則・規程・ガイドラインの整備

ハラスメントや長時間労働、労働災害等の経営リスクが多様化する中、
企業を守るためのルール作りが必要不可欠です。

労働基準法により、常時10人以上の労働者を雇用する事業所は、個人・法人問わず就業規則を作成することが義務付けられています。
就業規則は、企業と社員の関係を律する大切なルールで、職場の憲法とも呼ばれています。

近年、社員によるSNSへの不適切投稿、不適切行為、不適切な休職、権利主張型社員の訴えなどが増え、経営までもが脅かされる事態が増えています。
また、ハラスメントや長時間労働、労働災害等の経営リスクも多様化しています。
企業を守るためのルール作りが必要不可欠です。
服務規律規定、罰則規定、退職規定、休職規定の他、安全管理規程、企業秘密保持規程、個人情報取扱規程、SNS運用規程などを明確に定めましょう。

また、万が一問題が生じたときや、その兆候に気づいた際も、担当者によってバラバラではなく、全職員が適切な対応を取れるように。
いざというときも慌てず、二次被害に拡大させることなく落ち着いて対応できるように。
対応マニュアルを定め、周知しておくことも重要です。

就業規則

  • 就業規則
  • 服務規律規定
  • 懲戒規定
  • 休職規定
  • 退職規定
  • SNS運用規程・ガイドライン
  • ハラスメント防止規程
  • 安全管理規程
  • 育児・介護休業規程
  • 賃金規程
  • 退職金規程
  • テレワーク勤務規程
  • 企業秘密保持規程
  • 個人情報取扱規程、等

ガイドライン・マニュアル等

  • 各種ガイドライン
  • 各種対応マニュアル、等

患者・利用者・家族への文書

  • 利用規約
  • 説明書
  • 契約書
  • 注意喚起ポスター、等

内部書式・文書

  • インシデント・レポート
  • 誓約書
  • 雇用契約書、等