人材確保・採用に関する話題・見解政府・自治体からのお知らせ

【厚労省】2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要

厚生労働省は、令和元年「雇用動向調査」の結果を公表しました。

「雇用動向調査」は、全国の主要産業の事業所における入職者数・離職者数、入職者・離職者の性・年齢階級、離職理由等の状況を明らかにすることを目的に、上半期と下半期の年2回実施され、今回の結果は、この2回の調査結果を合算し年計として取りまとめられたものです。

【調査結果のポイント】
~入職率 16.7%、離職率 15.6%で、7年連続の入職超過~

1 入職率及び離職率

令和元年1年間の入職者数は 8,435.4 千人、離職者数は 7,858.4 千人で、年初の常用労働者数に対する割合である入職率と離職率はそれぞれ 16.7%、15.6%、入職超過率は 1.1 ポイントの入職超過であった。前年と比べると、入職率 1.3 ポイント、離職率 1.0 ポイントそれぞれ上昇し、入職超過率は拡大し7年連続の入職超過となった。

2 就業形態、雇用形態別入職者数

入職者数を就業形態別にみると、一般労働者の入職者数は 4,348.2 千人で、前年に比べて 102.9千人増加し、パートタイム労働者の入職者数は 4,087.2 千人で、前年に比べて 665.1 千人増加した。
さらに雇用形態別にみると、一般労働者、パートタイム労働者ともに「雇用期間の定めなし」は入職者数、離職者数ともに増加し、「雇用期間の定めあり」は一般労働者が入職者数、離職者数ともに減少し、パートタイム労働者が入職者数、離職者数ともに増加した。

3 職歴別入職者数及び入職率

入職者数を職歴別にみると、転職入職者数は 5,409.9 千人、未就業入職者数は 3,025.5 千人であった。転職入職率は 10.7%、未就業入職率は 6.0%で、前年と比べると 0.7 ポイント、0.5 ポイントそれぞれ上昇した。

【厚労省】2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/20-2/index.html